ローソク足最強化計画~テクニカルな道へ~

ローソク足は日、週、月初めの始値を基準にして、 終値、高値、安値までを結んで作られます。

上下に髭が付くとローソクのような形になることから ローソク足と呼ばれています。 初心者から上級者まで、誰もが利用する テクニカル分析の代表的存在です。

ローソク足を用いたテクニカル分析は初歩の初歩ですが、 最も信憑性が高い分析方法であると言っていいでしょう。 ローソク足を見ることで、大まかなトレンドの 確認や相場の天井、底、トレンドの転換点などを 予想することができます。

急な上昇、下落の後のナローレンジ、 寄り引き線が相場の転換点に なりやすいというのは代表的な分析方法ですしはらみ線、赤三平、首吊り線など、 ローソク足を利用したテクニカル分析は多々存在します。

ローソク足の正確な起源は不明ですが、 江戸時代の日本人が開発したと言われています。 そのせいもあってか、ローソク足を利用した テクニカル分析は日本が一番多いようです。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Footmail

あわせてに読みたい関連記事

タグ


2012年4月18日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:◆テクニカル分析

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング