ボリジャーバンドの本質は、自由なところにある~テクニカルな道~

ボリンジャーバンドは、数本の移動平均線と
標準偏差を表示するテクニカル指標です。
大きなトレンドを表すと同時に、
押し目買いのタイミングを表示してくれます。
ボリンジャーバンドの基本的な使い方としては、
現在値が標準偏差のラインに達したときに買いエントリーといった感じです。
「一定期間の平均値からある程度離れると元の平均値付近まで戻ってくる可能性が高い」というのが相場のセオリーを利用しています。
ただし、押し目買い狙いのエントリーは大きな
損失につながってしまう可能性もあります。
いつも以上にロスカットを厳しくしなければなりません。
ボリンジャーバンドは短・中・長期で使える
万能なテクニカル指標ですが、
売りのときに使ってはいけません。
はっきりいって全く勝てません。
ボリンジャーバンドの標準偏差は、
あくまで押し目買いに利用するためのものです。
売りには応用できないので注意してください。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Footmail

あわせてに読みたい関連記事

タグ


2012年4月18日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:◆テクニカル分析

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング