フィボナッチリトレースメントの魔術~テクニカルな道~

フィボナッチリトレースメントは、
13世紀イタリアの数学者フィボナッチが発見した
1.618の法則を利用して作られたテクニカル指標です。
近い位置の安値と高値の差の
38%、50%、62%下落した(上昇した)
位置が押し目買い(売り)のエントリーポイントになります。
トレンドが強い場合は38%を、
トレンドが弱いときには50%もしくは62%を
押し目のエントリーポイントとして選ぶのが基本です。
この3つの数字は非常によく当たります。
最近は自動的に計算してくれるチャートソフトも増えてきましたが、
ない場合は自力で計算するしかありません。
フィボナッチリトレースメントは
短・中・長期投資全てのスタイルに有効です。
前日の安値と高値を使って計算すれば、
デイトレードにも応用できます。
非常に守備範囲の広いテクニカル指標です。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Footmail

あわせてに読みたい関連記事

タグ


2012年4月18日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:◆テクニカル分析

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング