新型コロナウィルス、WHOがパンデミックされない本当に理由・真実は

こんにちは

FXあきです。

昨日のドル円暴落(ノД`)シクシク

一応落ち着いてきました。

1ヵ月すればある程度落ち着いてまだ戻るとは思いますが・・・

それに加えて

ダウも急落が止まりません

2月後半まで2万9千円台だったたのが今は2万3千円代恐ろしい

20200310

ちなみに

本日はだらだらと

WHOが何故新型コロナウィルスをパンデミック認定しないのか

まず

パンデミックとは

世界流行、ある感染症(特に伝染病)が、顕著な感染や死亡被害が著しい事態を想定した世界的な感染の流行を表す用語である。語源はギリシア語のπανδημία(pandemia パンデミア)であり、παν(pan, 全て)+ δήμος(demos, 人々)を意味する。

BY Wikipedia

都市伝説かもしれませんが

パンデミックは100年サイクルで発生している事実があります・・・途中の細かいのは省いてますがw

1720年「ペスト」
1820年「コレラ」
1920年「スペイン風邪」
・・・発生源はアメリカなのになぜかスペイン風邪

「スペイン風邪」の画像検索結果

そして現在2020年 新型コロナウィルス。

ペストとコレラはでは10万人の死亡が記録されており、スペイン風邪は世界で5000万~1億人が死亡したと言われています。

スペイン風邪が第一次世界大戦を終戦させたという説があるほどです。

1920年の人口が20億人程度で、総人口の約5%の方が亡くなっています。

もう既に

新型コロナウィルスはパンデミックだと思うのですが

WHOが何故直ぐにでも宣言して

注意喚起をしない理由として

これがパンデミック宣言をしない真実ではないのかと言われています・・・

「WHO」の画像検索結果

最初に宣言しない理由は中国の何らかの圧力・しがらみじゃないかと

WHOのデドロス局長はエチオピアの元外務大臣、

新型コロナウイルスを巡る緊急委員会後、記者会見で緊急事態を宣言したテドロスWHO事務局長=30日、スイス・ジュネーブ(AP)

エチオピアは中国から莫大な資金援助を受けています。

この背景から中国に気を使ったのかという噂がひとつ

といかも

すでに世界に広がっているで、中国の気遣いじゃなく

実は「パンデミック債」デリバティブ商品が一つの要因ではないかと疑われています。

パンデミック債は2017年に世界銀行が発行したもので、リスクに応じて二つのトランシェがあります。

トランシェA相対的にリスクが低いもので、利回り6か月LIBOR(ロンドン銀行間取引金利)+6.5%、発行額は2億2,500万ドル

トランシェBは、よりリスクが高いもので、利回りは6か月LIBOR+11.1%、発行額は9,500万ドル

ほぼ欧が70~80%、米20~30%という保有分布。日本の投資家は、トランシェAの0.2%分を購入した言われていす。

この債券の金利は異常な高さ

高利回りのカラクリは、債券が満期を迎える前に、WHOがパンデミック宣言を行うと債券の元本が消滅するという非常にリスクの高いデリバティブが組み込まれています。

・・・・・といことは

この債券の満期が、2020年7月15日。。東京オリンピックの開会式直前ですね

パンデミック宣言をすると

大きく損をする人がいる。。。

まさか

あとはご想像にお任せします。

おしまい

それでは失礼致します。

FXあき    

■メルマガ登録特典、FX自動売買で勝つ秘訣プレゼント中⇒メルマガ登録はこちら これが無料なの?と大反響の豪華特典!あなたがFXで稼ぐ為に絶対必要な武器となります。

メルマガ詳細はこちら
メールが届かない場合はこちらをお読みください

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

タグ


2020年3月10日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:FXあき だらだら日記

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング