LDNFIX=スペイン不安が再燃、ユーロ主導でリスク回避に

LDNFIX=スペイン不安が再燃、ユーロ主導でリスク回避に
ロンドンフィックスにかけての為替市場では、スペイン債への売りが強まったことでユーロが対主要通貨で一段安。米株安・米債高のほか、NY金やNY原油など商品市況も安く、典型的なリスク回避のパターンとなった。対円を除きドルは全面高だったうえ、クロス円は全面安となった。来週スペイン債入札が予定されているなか、同国債市場のメルトダウンを警戒する市場参加者があったほか、スペイン債売り・米国債買いの動きが強まったとの観測もあった。スペインの5年物CDSは過去最高の500bpに達した。この日発表された米ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値が市場予想を下回ったこともリスク回避の流れに拍車をかけた。米消費者物価指数は市場予想とほぼ一致した。
ユーロドルは1.3070ドルまで下げ幅を拡大。クノットECB理事が「市場はスペインに過剰反応している」と述べていたものの、スペイン不安が再度膨らんできたことで、ユーロドルは厚めのユーロ買いをこなしつつ下落。CTA系のユーロ売り・ドル買いが目立っていたもよう。ポンドドルは1.5844ドルまで、豪ドル/ドルは1.0357ドルまで、NZドル/ドルは0.8230ドルまで下落。ドル/加ドルは0.9987加ドルまでドル高・加ドル安推移。
クロス円では、ユーロ円が105.76円まで、ポンド円が128.26円まで、加ドル円が81.02円まで、豪ドル円が83.80円まで、NZドル円が66.60円まで下落し、この日の安値を塗り替えた。ドル円は対主要通貨での円買いやドル買いに挟まれ、81円ちょうど付近でもみ合い。
0時35分現在、ドル円は80.94円、ユーロドルは1.3177ドル、ユーロ円は105.92円で推移。

Powered by T&Cフィナンシャルリサーチ
http://zai.diamond.jp/list/fxnews/detail?id=128963

こんにちは、FXあきです( ̄▽+ ̄*)

スペインの銀行による欧州中央銀行(ECB)からの借り入れが、3月に3倍近くに拡大したことから、スペインの銀行セクターに対する不安が再び高まってます。ギリシャ問題が、まだ記憶に新く、クノットECB理事が「市場はスペインに過剰反応している」と述べていたものの、全体がリスク管理の方向に傾き、ユーロに影響したようですね仕方がない気がします。お隣、韓国の債券は3月に外国人保有高が過去最大にり、海外市場からも、さらに注目されてます、日本は・・・・・・・・頑張ろう、日本!!

今日もお越しいただき、誠にありがとうございます。

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

タグ


2012年4月18日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:FXニュース

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング