ざ・おいるしょっく!?

第一次オイルショック
1973年に起こった中東戦争によって、石油産出国が石油価格の引き上げを行い、 石油及び石油関連商品の不足・価格高騰した経済的な影響。
これにより世界各国の経済状況が不安定なものとなった。
トイレットペーパーやノートなどの石油製品の大量買占めが起こったのは有名。
インフレが加速したことにより「狂乱物価」という造語まで生まれ、 日本において戦後初めてのマイナス成長の経験から、高度経済成長が終焉を迎えた。
生活用品などの市場の影響のほかに、雇用調整やテレビ放送の時間帯の変更など、 社会的に大きく影響を与えたといえる。
第二次オイルショック
1978年のイラン革命により、イランでの石油生産が中断したため、 イランから大量の原油を購入していた日本は需給が逼迫した。
また、1978年末にOPECが「翌1979年より原油価格を4段階に分けて計14.5%値上げする」ことを決定し、 原油価格が上昇。
第一次オイルショック並に原油価格が高騰した。
第一次からわずか5年で起こった第二次オイルショックだが、第一次での経験により、 各方面での省エネルギー対策が取られたおかげで前回ほどの影響はなかった。
また値上げに関しても長引かず、イランも石油販売を再開し、 価格下落に転じたことで危機を免れた。
PS
やはり戦争に大きな影響を受ける経済ですね。
幸不幸ありますが、ないにこしたこと無いんですがそういうわけにも
いかないこの人間泣世界。
1973年2月、円が変動相場制へ移項した後、オイルショックの影響で
円が大きく動いたのは言うまでもないだろう。この時は、一時期ドル300円
近くまで安くなったとか。まさに、円に歴史ありですね得意げ

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

タグ


2012年4月18日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:歴史的経済NEWS

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング