日本代表の要求にタジキスタンが了承も「やりすぎだろ」の声

ジアムで開催されたW杯アジア3次予選=日本×タジキスタンの一戦は、ハーフナー・マイク、岡崎慎司、香川真司がそれぞれ2得点を挙げるなど、計8ゴールで日本代表が快勝した。
■サッカー – サーチナ・トピックス
2000年10月、トルシエ監督時代に行われたウズベキスタン戦以来となる大量得点に沸いた一戦から二日――。13日には大手スポーツが、11月にアウェーで行われる同一戦において、日本サッカー協会・小倉純二会長がタジキスタンサッカー連盟サイドに、試合会場の芝を短くするよう異例の要請を行ったところ、これが了承されたと報じた。
12日には、タジキスタン・アリムジョン・ラフィコフ監督が、8得点差にも関わらず、終始クリーンなプレーを続けたことについて、「(日本選手に)ケガをさせては申し訳ない」と語るなど、その姿勢が“謙虚すぎる”と話題になったばかり。
その上、ホームで日本を迎え撃つ立場になっても、パスサッカーを得意とする相手国に対し、ボールスピードが上がることになる“芝刈り”の要求に応じるなど、もはや謙虚を通り越した不可解な対応といってもいい過ぎではないだろう。
この報道に対し、ネットの掲示板上でも、「なんだか申し訳ない」「隣に引っ越してきたらいいのに」「ホームだから別に言うこと聞かなくていいのに 」「これはやりすぎだろw」といったコメントが多く寄せられた反面、「アウェイくらいきつい試合経験しとけ タジクに甘えんな」という指摘も見られた。
(情報提供:Sports Watch)

情報元:http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1013&f=national_1013_092.shtml
キャプテン翼世代としては、、、うれしい勝利なんですが(^_^;)
ちょっと、複雑な気持ちにさせてくれる記事でした。
この調子で日本頑張れ!о(ж>▽<)y ☆
今日もお越しいただき、誠にありがとうございます。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Footmail

あわせてに読みたい関連記事

タグ


2012年4月18日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:痛いニュース

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング