FXシステム堅【KEN】徹底検証!

FXあきの楽楽FX自動売買実践記録!(為替初心者向け)-0916kne

さぁ~FX商材のFXシステム堅。これから徹底検証に、入りたいと思います!!
まず、最初に何故このFXシステム堅を検証したいと思ったのかから説明させて頂きます。

それは、FXシステム堅が脅威のローリスクEAと謳っているからです。
私は、ファンドを組むときに安定性を一番大事にしております。だからこそ、このEAを検証する価値があると思ったのでしたが・・・。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
結論から申しますと(ノ゚ο゚)ノ、、、、、、、不採用!
本当に残念な結果でした。では、詳しく見ていきます。

FXあきの楽楽FX自動売買実践記録!(為替初心者向け)-0916ken1

FXあきの楽楽FX自動売買実践記録!(為替初心者向け)-0916ken2

上の画像なんで、2枚あるかといいますと共に通貨ペアは、USDJPYですが投資の金額が$3000が0.02ロットで投資金額$10,000は、ロット0.03の違いがあります。
両方共にPF(プロフィットファクター)2.09と2.17と十分いける結果ですね。

勝率も72%と70%。 いいですね。
けど、良く見てみると、、、10カ月間$10,000掛けて1690ドルの儲けって少なくないですか?
毎月資産が1.06倍していく試算になります。
確かに、毎月確実に6%の福利計算であれば良いかもしれませんが、ここでとても重大な落とし穴があります。
それは、下の画像をみてください。

FXあきの楽楽FX自動売買実践記録!(為替初心者向け)-0916kne3

FXシステム堅に限ってことではありませんが、グラフが右肩上がりになっているEA(システムトレード)は、ちょっと注意してみる必要があります。
資産グラフ(青)が順調に右肩上がりなのに、赤い○で囲んだところに緑の線がありますよね。
緑の線は、含み損を加味した実質残高です。
そして、合わせたように下の青い四角 取引通貨単位(ロット)の縦の棒グラフが増えております。

簡単にいうと、「ナンピン+マーチンゲール」での取引を行っているという事です。
分かり難いですね(笑) 今日は、「ナンピン+マーチンゲール」の説明は割愛します!

気になる方は、⇒http://plaza.rakuten.co.jp/investology/diary/200803240000/
FXシステム堅が「ナンピン+マーチンゲール」を使っていることが問題だと言っているのではありません。

明らかに、成績の不良な時期だけにあわせて発生している可能性があります。
そうです、、、バックテストの結果から見ると約10ヶ月でトータルトレード252回。

月の平均取引回数が、25.2回です。とすると、一日平均0.84回 この際土日は、あまり気にしないでください。

4の取引回数は、242回目ぐらいですね。
トータル取引252-242は、10回です。
ここまで聞いて感の言い方は、気が付いた方も多いとおもいますが2011年8月5日 – 急激な円高を食い止めるため、日本政府が日本時間4日、東京外国為替市場で円売りドル買いの市場介入に踏み切ったタイミングとピッタリじゃありませんか。

そう、このEA(自動売買ソフト)は、USDJPY(ドル円)を取り扱っています。

臭いですね。臭いますΣ\( ̄ー ̄;)
では、1、2、3もどうかと見てみますと
3は、190回のトレード回数ですから逆算すると、、、、5月頃ですね。急激な円の動きに対応出来なかったのでしょうか FXDD-MTチャートUSDJPYをみると安値$78.879下のヒゲにいたっては更に下がっていて$76.404みたいです
1は、まさに3.11東日本の震災付近ですね。
通常の取引でなく、ポイントでのマーチンゲールは、「悪い成績を隠すために使ってませんか?」と問い詰めたくなります。
バックテストは、EA(自動売買ソフト)の優劣を判断すのに一番の材料になります。

そこから、EA(自動売買ソフト)を買うのか買わないのかを判断しないといけないからです。

別の角度からいいますと、「バックテストは、答えの分かっているテスト」のような物です。

勉強もそうですが、過去の試験問題ばかり優秀でも未来の試験に良い成績が取れるのかどうかわかりませんよね?

しかし、過去の問題すら解けない人を優秀だとは言い難いですね。
ハッキリと断言するのは、非常に難しいですが、このFXシステム堅いってしまえばカンニングしているでしょう!

カンニングして成績を誤魔化しているようなEA(自動売買システム)には、大事な資産を預けるかと聞かれれば、今回は見送るべきだと判断致します。
詐欺の疑い高し危険EAです。買わないでください(*´Д`)=з⇒FXシステム堅

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Footmail

あわせてに読みたい関連記事

タグ


2012年5月10日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:システム堅【KEN】

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング