緊急記事! 金の背景を探る!

が必要ですね。
時代にも揺らぐことなく太古からその輝きで人を魅了し続ける金(GOLD)について書かせて頂きます。
何故、今 「金」なのか、その理由は、沢山あります。
あなたの街でも『金・プラチナの高価買取してます!』という宣伝チラシ や のぼりを見た方も多いはずです。本日は、その背景をご紹介します。

FXあきの楽楽FX自動売買実践記録!(為替初心者向け)-GOLDRUSH

上の画像は、過去35年間の金相場を表しております。
特に2005年以降にいたっては、右肩上がりで金が急上昇しており、世界的な金(GOLD)不足となっています。だから世間では、金の買取が流行っているのです。
ちょうど、2005年と言えば、日本ではペイオフ解禁、年金の基金の参入が始まったころです。
何故コレほどまでに、金(GOLD)の価格が上がっているのか理由を見てみましょう。

1.リーマンショック以降の世界金融不安による金(GOLD)の再評価

かつては、金の最大の売り手であった各国中央銀行が、金の保有高を増やす方向に転向。リーマンショック以降の米短期金利ゼロ時代や、QE1、QE2などの量的緩和策により、米ドルの価値が下落していること、欧州の財政不安からユーロの信認低下などから、通貨としてのゴールドが再評価されているためです。
米国債務の格付けがAAA落ちとなり、金相場の上昇は勢いを増しました。
米国経済の成長率鈍化を懸念したバーナンキFRB議長によって、「少なくとも2013年央まで金融緩和を継続する」との声明が出され、長期的なドル下落を事実上容認したことも、今後の金価格に大きな影響を持つと考えられます。

FXあきの楽楽FX自動売買実践記録!(為替初心者向け)-GOLDRUSH

2.ファンドの金のポジション増加による金相場の上昇

これは、明確な理由ですね。金融不安・経済不安な状況が進めば進むほど、ヘッジファンドなど大手は、もちろん皆が集中して金の投資比率を増やしていますね。
あなたは、どうですか?
あなたのポートフォリオ投資比率に、金(GOLD)を増やさなくても良いのですか?

FXあきの楽楽FX自動売買実践記録!(為替初心者向け)-GOLDRUSH

3.中国の旺盛な金需要

中国の国家戦略としての「金買い」が
金相場の最大の上昇の材料です。

中国が国家の目標として、金の保有を10,000トンにするべく、金相場で金を買い続けています。
現在、世界でもっとも金を保有している米国が8,100トンで、ついで2番目に多いドイツが3,400トン程度です。
この数字を見れば、金相場にとって10,000トンがいかに大きな数字であるかがご理解いただけることでしょう。
なお、中国の金保有は2009年の発表時点で1,054トンでした。これを考えると、まだ大量の金を金相場で買い付けることが考えられます。この中国の旺盛な金需要が、いまもっとも金価格を押し上げている要因と言えます。

FXあきの楽楽FX自動売買実践記録!(為替初心者向け)-GOLDRUSH

この記事をUPした理由があります。
それは、『奇跡のEA』とは、金(GOLD)を取り扱った自動売買ソフトだからです。
いよいよ、発売近いです!
残念なお知らせがあります(T▽T;)
限定100個のようです。
あまり多くは、数をださないという話は聞いていたのですが、、、、、

今日もお越しいただき、誠にありがとうございます。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Footmail

あわせてに読みたい関連記事

タグ


2012年5月17日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:GOLDRUSHFOREX

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング