歴史的経済危機到来!?

$FXあきのグータラ楽楽
歴史的経済危機到来
2008年9月15日、米国の大手証券会社リーマン・ブラザーズが連邦倒産法第11章の適用を連邦裁判所に申請し事実上破綻、AIG保険には公的資金を投入した。
2007年のサブプライム問題以降、米国政府は国内で続く金融危機対策に新法案を打ち出したが、米下院が9月29日に否決。その反動で、世界各国の株式市場が大暴落。米国政府は再度金融危機対策法案を提出し、10月1日に上院で可決、3日に下院で可決されたが暴落の勢いは止まらず、10日、日経平均株価終値は8,276.43円、仏株価指数CAC40も6日~10日で22%の暴落で、3176,49 ポイント。ユーロも2008年7月には1ユーロ170円に迫る高騰を記録したが、10日現在1ユーロ133円。
9月からのおよそ1カ月の間に世界経済が1400兆円が吹き飛んだ。いったい世界経済はどうなるのだろう。
日本では、1989年12月29日に日経平均株価が38,957.44円の最高値を付けた。1990年に入ると、イラクのクウェート侵攻による原油高も手伝い株は暴落。10月1日には一時20,000円を割り19,781.70円を記録。わずか9カ月で株の価値が半減した、バブル経済崩壊である。その後、日本は経済不況「失われた10年」(1991~2002)を迎える。
過去の世界的な大暴落として有名なのは、1929年の「ウォール街、株大暴落」。20世紀初頭は、電子器機が発達し経済絶頂期だった。しかし、10月24日の第一波から11月11日までに、ダウ平均は40%暴落した。2番目は、1987年10月19日通称「ブラックマンデー」。ダウ平均が1日で22%もマイナスとなり、1日の損失としてはウォール街の歴史上最大。
$FXあきのグータラ楽楽
PS
日本では、あまり実感が感じられなかったが(私だけ?え゛!)世界をあっといわせたニュースだった
ことに間違いはない。歴史の示す通り、間違いない金儲けはない!この当たり前のことが5年
10年、20年と時間がたつとまた忘れてしまう愚かかな、、、、人なりですね(/TДT)/
せめて、私たちはこの、諸行無常の世の中を受け入れ忘れないようにしましょうガッツ

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Footmail

あわせてに読みたい関連記事

タグ


2012年4月18日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:歴史的経済NEWS

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング