日本のバブル!?お金の価値しってますか?

$FXあきのグータラ楽楽
バブル景気の引き金になったのは1985年のプラザ合意とされている。当時、ドル高による貿易赤字に悩むアメリカ合衆国はG5諸国と協調介入する旨の共同声明を発表した。これにより急激な円高が進行。1ドル240円前後だった為替相場が1年後に1ドル120円台まで急伸した。元大蔵省財務官の榊原英資氏は、日本と西ドイツがアメリカのドル安政策の標的にされたと著書の中で述べている。
by wiki
景気過熱によるインフレ発生を未然に防ぐため、公定歩合が89年5月から5回にわたって引き上げられた。また、税制の見直しや土地関連融資の総量規制等が行われ、これらの政策により、株価・地価は急落し、バブルの崩壊が始まった。
バブルの崩壊は、逆資産効果★ により消費低迷を招き、倒産を増加させたほか、90年代全般にわたる長期の景気低迷をもたらすこととなった。
PS
その後の日本経済への不況感は、なんとも否めない。ただし、個人的な見解を示せば
バブル事態は、ただの異常状態だった!その一言だろう。ただのサラリーマンでも
年収1000万稼げても不思議でないことを考えてもその異常さが伺える。
今の若者には、正直理解しにくいかもしれない。
ただ、これは日本だけの現象化といえばそうでもない世界的にも同様のことが
起こっている。もちろん、為替も大きく変動している。もちろんこの頃は、為替の
売買が出来なかっただよね、確か?この後の規制緩和が進んでFXも個人で取引できる
ようになったんです。
次のバブルは、いつやら?べーっだ!以外に、身近にバブルが起こっているかも・・・・・

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Footmail

あわせてに読みたい関連記事

タグ


2012年4月18日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:歴史的経済NEWS

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング