チューリップで金儲け? <チューリップ・バブル>

チューリップ・バブル(蘭: Tulpenmanie、英: Tulip mania, Tulipomania、チューリップ狂時代とも)は、オランダで1637年に起こった世界最初のバブル経済事件である。オスマン帝国から輸入されたチューリップの球根に人気が集中し、異常な高値がついた。その後、価格は100分の1以下にまで下がり、オランダ諸都市は混乱に陥った。チューリップ・バブルは南海泡沫事件(イングランド)やミシシッピ計画(フランス)と並んで近世ヨーロッパの三大バブルに数えられる。
$FXあきのグータラ楽楽
PS
チューリップというば、ハウステンボスにいけば見れるもの(笑)
!(´Д`;)という貧弱な発想しかないのですが、それこそ昔は
投機の対象だった時期があるのです。これは、私がしっている中でも
古いバブルかなぁ~結局、為替もおなじなんですよねぇ
考え方は、いかに人気のある為替を先読みして投資を行うのかって
ことかもです。まぁ~そこで自動売買は、また違った視点で安定して
稼ぐことを狙っているわけですが、、、おっとここでは場所が違うので
別の日に、自動売買については、話をしますカゼ
人の欲望の尽きぬこと 有史はじまって以来ですね:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Footmail

あわせてに読みたい関連記事

タグ


2012年4月18日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:歴史的経済NEWS

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング