NY後場概況-ドル円戻り鈍い

NY市場後半はドル売り一巡後、ドル円は米10年債利回り低下幅縮小を支えに小幅に値を戻すも、手掛かりに乏しいことや週末要因もあって積極的な買い戻しの動きとはならず、80円後半で揉み合う展開。またクロス円も同様全体的に動意薄く方向感なく推移。またユーロドルは米英の3連休入りを前に取引が先細り1.43台手前で小動きに終始。4時54分現在、ドル円80.87-89、ユーロ円115.55-58、ユーロドル1.4288-90で推移している。
Powered by セントラル短資FX

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Footmail

あわせてに読みたい関連記事

タグ

2011年12月1日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:FXニュース

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング