Flash News NY時間午前

ユーロが下落。ドイツ自由民主党(FDP)のフランク・シェフラー議員が「ギリシャはユーロ圏を離脱するべきだ」とコメントした事が契機となった。ただ、同氏は5月7日にも同様のコメントをしており、また党内でもそれほど重要人物ではないとの見方から下げは取りあえず一服。BOC(カナダ中銀)は市場の予想通り政策金利を1.00%で据え置いた。声明文では「景気刺激措置はいずれ引き揚げへ(eventually withdrawn)」「金利の引き上げは慎重に検討されるべき(to be carefully considered)」とし、明確な時期こそ示していないものの、利上げの可能性を示唆。早ければ今夏にも利上げが実施されるのでは?との見方が台頭している。
ドル/円 81.25-30 ユーロ/ドル 1.4382-87 ドル/カナダ 0.9680-85

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Footmail

あわせてに読みたい関連記事

タグ


2012年4月18日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:FXニュース

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング