コンスタンシオECB(欧州中銀)副総裁

コンスタンシオECB(欧州中銀)副総裁
インフレ圧力が二次的影響につながらないことが最重要
国債のスプレッドは講じられた措置がまだ市場を納得させていないことを示す
各国による大胆な行動は格付け機関によって考慮に入れていない
ソブリン債務危機は和らいでいない
われわれはしばらくの間、債券買い入れプログラムを活用していない
われわれは債券買い入れプログラムを除去していない
ギリシャは財政健全化プログラムを堅持する必要
コア・インフレは依然抑制されている
コア・インフレはECBの目標ではない
総合インフレが上昇する時、二次的影響のリスクが速やかに現れることをわれわれは分かっている
提供:ひまわり証券株式会社

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Footmail

あわせてに読みたい関連記事

タグ

2012年4月1日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:FXニュース

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング