新紙幣のデザイン発表・・・・個人的には・・・

こんにちは。

FXあきです。

今日は、新紙幣のデザイン発表について、だらだらと話をしたいと思います。

FXトレードの話は全然出ませんのでw

2019年4月9日は、新紙幣の話題で持ちきりになりました(ノ・ω・)ノオオオォォォ-ー

財務省から発表では、2024年度上期を目途に、新一万円券・五千円券・千円券を発行されます。

そして2021年度上期を目途には、新五百円貨幣も発行されます。

 

新紙幣は、どんなデザインなのか?

 

20190412144246_thumb[1]

新一万円札には、 日本資本主義の父と称される渋沢栄一の肖像と、東京駅の丸の内駅舎

20190418105206[3]

新五千円札には、日本における女子教育の先駆者である津田梅子の肖像と、藤の花

20190418105258[3]

新千円札には、医学者で細菌学者である北里柴三郎の肖像と、富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」が描かれるらしく、数字のフォントも従来から変わるようです。

20190418105340[3]

凄い面子なのですが

今のお札に(人物に)愛着があるので

最初は違和感しかないですね

偽札の問題もあり、ある程度の期間でお札を作り直さないといけないのも事実なのでしたかないですね

新硬貨は、どんなデザインなのか?

20190412144541_thumb[1]

新500円硬貨は「バイカラー・クラッド」と呼ぶ新技術を導入したそうです。

ニッケル黄銅と白銅、銅を組み合わせるもので、財務省が公開したイメージを見ると、銅を白銅でサンドイッチ→これをニッケル黄銅にはめ込むというもののようで、外観はニッケル黄銅と白銅の2色に見え、その中身は3層になっています。

ATMや自動販売機などでは偽造硬貨を合金の電気伝導率などから判別しているので、素材を複雑に組み合わせることで、より偽造防止効果を高められるようです。

素材は、銅75%、亜鉛12.5%、ニッケル12.5%
現硬貨は、銅72%、亜鉛20%、ニッケル8%のニッケル黄銅

直径は26.5ミリと同じ大きさですが、量目は現行の7.0グラムから7.1グラムへと変わるようです。

新通貨Twitterではフォント評価が低いようです。

20190412161308_thumb[1]

20190412161249_thumb[1]

かなりTwitterで叩かれてますね(´ε`; )ウーン…

人それぞれ意見はいろいろあるから何とも言えませんが、新紙幣になって東京株式市場で紙幣関連の銘柄に取引開始直後から買い注文が殺到したのも事実です。

この鉄板のタイミングで取引するのもありだと思います(゚д゚)(。_。)ウンウン

個人的にはそろそろお札のサイズを小さくして欲しいですね・・・・機械的にそれは難しい~だろうな~キャッシュレスの時代だしな~

本日もお読み頂ありがとうございます。

それでは失礼致します。

FXあき

では では

■メルマガ登録特典、FX自動売買で勝つ秘訣プレゼント中⇒メルマガ登録はこちらこれが無料なの?」と大反響の豪華特典!あなたがFXで稼ぐ為に絶対必要な武器となります。

メルマガ詳細はこちら
メールが届かない場合はこちらをお読みください

» FX自動売買の魔術師FXあきの楽楽実践記録のTOPへ


Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Footmail

あわせてに読みたい関連記事

タグ


2019年4月18日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:FXあき だらだら日記

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング