2011年間ドラマ視聴率TOP10 1位は『ミタ』が圧勝 4年ぶりに民放ドラマが首位返り咲き

10月~12月期の主要な連続ドラマが最終回を終え、2011年の年間ドラマ視聴率TOP10が出揃った。1位は、女優の松嶋菜々子が主演を務め、社会現象を巻き起こした『家政婦のミタ』(日本テレビ系)最終回(12月21日)で記録した40.0%が圧勝。2位は人気シリーズの続編となる『JIN-仁-』(TBS系)最終回(6月26日)の26.1%。3位には子役の芦田愛菜、鈴木福が大ブレイクを果たした『マルモのおきて』(フジテレビ系)最終回(7月3日)の23.9%。今年のTOP10を振り返ると、改めてドラマ“豊作の年”だったことがうかがえる結果となった。
年間ドラマ視聴率TOP10ランキング表
1位 40.0%
(最終話) 家政婦のミタ(日本テレビ系)
松嶋菜々子 / 長谷川博己
相武紗季 / 忽那汐里
2位 26.1%
(最終話) JIN-仁-(TBS系)
大沢たかお / 綾瀬はるか
中谷美紀 / 内野聖陽
3位 23.9%
(最終話) マルモのおきて(フジテレビ系)
阿部サダヲ / 芦田愛菜
鈴木福 / 世良公則
4位 23.7%
(16話) 相棒 Season 9(テレビ朝日系)
水谷豊 / 及川光博
5位 23.6%
(142話) 連続テレビ小説・てっぱん(NHK総合)
瀧本美織 / 安田成美 / 遠藤憲一
6位 22.6%
(3話) 江~姫たちの戦国~(NHK総合)
上野樹里 / 宮沢りえ / 水川あさみ
6位 22.6%
(136話) 連続テレビ小説・おひさま(NHK総合)
井上真央 / 高良健吾 / 満島ひかり
8位 22.2% 24時間テレビドラマスペシャル・生きてるだけでなんくるないさ(日本テレビ系)
村上信五 / 田中麗奈
渋谷すばる / イモトアヤコ
8位 22.2%
(最終話) 渡る世間は鬼ばかり・最終回スペシャル(TBS系)
泉ピン子
8位 22.2%
(最終話) 南極大陸(TBS系)
木村拓哉 / 柴田恭兵
香川照之 / 堺雅人
1位の『家政婦のミタ』は、松嶋演じる無表情な家政婦・三田灯が派遣先の阿須田家での家族トラブルを、想像できない型破りなアプローチで解決していく異色のホームドラマ。初回を19.5%と好発進し、その後も肩上がりで伸び続け常に20%台をキープ。30%の“大台”を期待される中で迎えた最終回は、予想を大幅に上回る40.0%という結果で世間を驚かせた。同数字は一般劇として(NHK大河&朝の連続テレビ小説除く ※1977年9月26日以降に放送された番組)、歴代同率3位に入る快挙を成し遂げ、名実共に今年を代表する作品に。ここ数年、年間ドラマ視聴率1位の座はNHK大河作品が“定位置”となっていたが、2007年放送の『華麗なる一族』(最終回・30.4%)以来、4年ぶりに民放作品が首位に返り咲くこととなった。
『ミタ』の驚異的な高視聴率で幕を閉じたといっても過言ではない、今年のランキング。近年は視聴者離れや海外ドラマの台頭により元気の無い印象が強かった日本ドラマだが、良質な脚本、出演者たちの熱気さえあれば、ドラマ史に名を残す名作を創り出せることを改めて実証した。来年も、今年以上の良質な作品群に期待したい。
私も”ミタ”ハマってましたw ”承知されたい~ww”
この時代に40%スゲーDVDボックス購入しよかしら
と想い悩む、今日この頃です(*´д`*)
今日もお越しいただき、誠にありがとうございます。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Footmail

あわせてに読みたい関連記事

タグ

2012年4月1日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:FXあき だらだら日記

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング