欧州後場概況-小動き継続

明日の欧州首脳会議の結果を見極めたいとの思惑から全般に動意薄。ユーロ円はショートカバー主導の買戻しが優勢で一時106円30銭付近まで上昇、ポンド円は一時122円乗せとなりそれぞれ僅かながら本日高値を更新。また、ドル円も一時上振れたものの狭いレンジ内を中心とした動き。途中、キング英・中央銀行総裁が量的緩和に踏み切った経緯を議会証言したが影響は限定的。午後9時00分現在、ドル円76.13-15、ユーロ円106.09-12、ユーロドル1.3936-38で推移している。
情報元:http://zai.diamond.jp/list/fxnews/detail?id=119879#d119879
ユーロドル、、、、気になるなぁ採用通貨ペアなので(≡^∇^≡)

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Footmail

あわせてに読みたい関連記事

タグ

2012年4月1日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:FXあき だらだら日記

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング