世界は、日々狭くなっていっている

最近の中東問題は、非常に興味深い
気が付いたら、民主化運動が盛んになっているとNEWSがながれているが
それは、本当だろうか?
断っておくが、私は何も知らない
中東の民主化ドミノなど話をしているが実話、、、中東の人々は、独裁制に対する不満をぶち上げているだけではないのかな?
それを、さも民主国家がその国民に民主化の価値観を再認識させる為に意図的に流しているだけじゃないのだろうか
と、、、皮肉れてみてしまう。
時代は、流れている
そして、止まらない。
今の時代、民主化が一つの流れかもしれないが
個人的には、民主化がベストな国家体制であるなどいえるほど確率されたものとは、とても思えない。
だからそこ、まだまだ人試行錯誤を繰り返して行くのだろう
また、中国も中東の民主化運動が飛び火しているとか?
中東も中国もその影にインターネットの力が少なからず影響していると聞いています。
新たな、インフラ人の情報手段が発展しているこの時代は、新たな国家体制がうまれなければいけないだろう。
一昔前の情報操作では、国の管理はできない
しかし、この時代の流れについている現政権のお偉い方々は非常に少ないのではないだろうか。
10年後それが当たり前になる。
そして、ITの力をフルに使える世代がでてきなた、モラルが低下し、、、混乱を迎える事だろう。
それが、どんな形で世界の情勢に現れるのか楽しみである。
ひょっとすると、朝鮮の統一は、突然・無血で・速やかに行われるような気がする。それも、ネットの力が大きな役割を果たす事だろう。
それは、世界が狭くなっていることと関係している。
iPhoneからの投稿

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Footmail

あわせてに読みたい関連記事

タグ

2012年4月1日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:FXあき だらだら日記

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング