FX初心者EA製作への道 1. コンパイル

FXあきのお願い

あなたの、1クリックがブログ継続のエネルギーになります。
1クリックしてお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

FXシステムトレード ブログランキングへ

FX初心者EA作成への道 1. コンパイル

 

こんにちは

FXあきです。

 

FX初心者EA作成への道、前回はプロローグをお話しました。

本日は、FX初心者EA作成への道第1回に目になります。

 

EA作成の方法を、FX初心者の方にも分かるように、できるだけシンプルに要点を効率よく伝える事ができればと思います。

それではスタートします^^

まずはEAを作成する為にはMT4を使用します。

MT4のセット方法はこちらを参考にされて下さい⇒こちら

 

MT4のセットから

 

セットしたMT4を立ち上げて下さい。

MT4のMetaEditor(メタエディター)をクリックして下さい。

20140731223304

するとこちらの画面が表示されます。

20140731223349

最初はなにもにもない状態なので

今度は右上の

NEWボタンを押してください

20140731223423

すると、新しい画面が表示されます。

20140731223455

今回はEA作成ですので、一番上のExpert Advisor(template)を選択して、次へをクリックして下さい。

ここの選択でインジケーターやスプリクトも作成できるという訳です。

次にこちらの画面が表示されます。

20140731223537

Name:EAの名前ですね 好きな名前をどうぞ

Author:権利関係ですね、一応今回はFXあきにします。

Link:製作者のページを張ったりします。なので私のブログでw

Parameters:連載の後半でお伝えします。まだまだ最初なので使いません

今回は最初なので、TEST1という名前にします。(名前はなんでも大丈夫です^^)

 

次へをクリック

20140731224013

ここは割愛、また必要な時に説明しますね^^

次へクリックして下さい。

 

20140731224206

この設定も今回は使わないので完了クリックして下さい。

 

いよいよ文字が表示されます。

 

こちらの画面が表示されます。↓↓

20140731224250

画面に難しい文字が(コード)が表示されます。↓↓

20140731224324

この中に色々な文字(命令)を打ち込んでいけば

EAができる流れになります。

まだこの状態ではEAではありません

 

作業の流れとしてはコードを入れて、Compileが作業の一つの流れになります。

次に「Compile」ボタンを押します。↓↓

20140731224440

 

左側に先ほどのTEST1.というEAができます。

20140731224810

 

製作されたEAを見には、MT4を立ち上げて

ファイル⇒データフォルダ⇒MQL4⇒Experts

でこちらの画面に辿り着きます。

20140731225004

先ほど見ていたコードは、「MQLSourceFile」になります。

そしてCompileして作成されたのが EX4のファイル(実行)になります。

それでは、基本的なフォームの説明をします。

 

一段目 ここは権利関係です^^

 

//+——————————————————————+
//|                                                        TEST1.mq4 |
//|                                             Copyright 2014, FXあき |
//|                                                  http://fxaki.jp |
//+——————————————————————+
#property copyright “Copyright 2014, FXあき”
#property link      “http://fxaki.jp”
#property version   “1.00”
#property strict

 

————ここまで

製作者の情報やサイトの情報を掲載します。

基本的には、ほとんど使用しませんのでご安心して下さい

 

2段目 int OnInit() EAをセットした最初だけに、実行される命令です

 

//+——————————————————————+
//| Expert initialization function                                   |
//+——————————————————————+
int OnInit()
{
//—

//—
return(INIT_SUCCEEDED);
}

————ここまで

ここは、EAを最初にセット稼動した時に実行されるところです。

初期設定や、通貨、時間等のチェックに使用したりします。

 

3段目 OnDeinit EAを止めた時に出す命令

//+——————————————————————+
//| Expert deinitialization function                                 |
//+——————————————————————+
void OnDeinit(const int reason)
{
//—
Comment(“”);

}

————ここまで

ここはAが停止されたときに一度だけ命令です。

例えば指値を入れて注文が残っている場合に、それをキャンセルする時に使用したりします。

 

4段目 void OnTick() チャートが動く度に命令がだされる

//+——————————————————————+
//| Expert tick function                                             |
//+——————————————————————+
void OnTick()
{
//—
————ここまで

ここはテックチャートが動く度に実行されるところです。

ここでチャートが動く度に、注文したり、決済したりという命令を入れます。

 

まずは、この4つの場所があるのだと覚えておいて下さい。

ここに様々の命令を組み立ててEAを作成します。

 

例題として 簡単EAを作ってみます。

 

例題として簡単な命令のEAを作ってみました。

4つの一番下の場所だったvoid OnTick()の所にComment(“Test EA!”);

と命令を加えます。

例)

————ここから

//+——————————————————————+
//| Expert deinitialization function                                 |
//+——————————————————————+
void OnDeinit(const int reason)
{
//—

Comment(“Test EA!”);

}

————ここまで

このCommentとはチャートに文字を表記させる命令です。

命令入力後、Compileします。

 

そして完成したEAをチャートにセットします。↓↓

20140731230618

チャートにセットするとTest EA!”と表示されます。

このように命令を1つ1つ徐々に重ねていけば、複雑な命令のEAも完成します。

 

EA作成するのにイメージして欲しい事は

 

EAを作る時にイメージして欲しい作業は、

日本語で命令を書きこめる様にするということです。

例えば・・・

 

移動平均短期30 と移動平均長期100 がクロスしたら ロングポジションを持つ

10Pips上昇したら決済する。

10Pips下降したら決済する。

日本語でイメージできれば、後はこの命令をプログラムで順番に書き込んで書き込んでいけばEAが製作できるということです。

 

では簡単ではありますが、

FX初心者EA作成への道 1. を終了します。

次回も楽しみにして下さい♪

 

本日もお読み頂ありがとうございます。

それでは失礼致します。

FXあき

では では

 

■メルマガ登録特典、FX自動売買で勝つ秘訣プレゼント中⇒メルマガ登録はこちらこれが無料なの?と大反響の豪華特典!あなたがFXで稼ぐ為に絶対必要な武器となります。

メルマガ詳細はこちら
メールが届かない場合はこちらをお読みください

» FX自動売買の魔術師FXあきの楽楽実践記録のTOPへ

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Footmail

あわせてに読みたい関連記事

タグ


2014年8月5日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:FX初心者EA製作への道

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング