EA 製作 初心者への道.2 リファレンスとトレードファンクション 編

FXあきのお願い

あなたの、1クリックがブログ継続のエネルギーになります。
1クリックしてお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

FXシステムトレード ブログランキングへ

EA 製作 初心者への道 リファレンスとトレードファンクション 編

 

EAを作る作業は

部品を組み立てるのと、近いイメージです。

イメージ図↓↓

20140827150329

基本的にはエントリー(注文)イグジット(決済)があり

後は細かいアレンジになります。

前回の記事で、最後にお伝えしたエントリーのイメージ

前回の記事はこちらこちら

移動平均短期30 と移動平均長期100 がクロスしたら ロングポジションを持つ

10Pips上昇したら決済する。

10Pips下降したら決済する。

この言葉のイメージ(部品)を繋ぎ合わせていけばEAが完成します。

部品・素材を準備して、後は組み立てていく、そう考えるとEA製作は実に簡単です。

 

それでは本日は、もう少しEA製作に必要になる、基本知識をお伝えします。

 

難しい単語や部品が出てきたら、F1でリファレンスを活用しよう

 

まずはメタエディターを起動して下さい。

EA製作画面がでてきます。

メタエディターを起動が分からない場合は、

前回の記事をどうぞ⇒こちら

20140828141558

では次にF1を押してください。

そうすると、リファレンスのバージョンアップが報告されます。(最新版の場合はバージョンアップ報告はありません)20140827151102

YESでお願いします。

リファレンス(Reference)とは?

対象となるものの機能やしくみについて、一般のマニュアルよりも詳細に書かれた文書のこと。また、プログラミングの分野では、主に関数の使い方などが書かれた文書のことを指します。

リファレンスは、EA製作に使う部品の説明書又は辞書と考えて下さい。慣れるまでは頻繁に使う機能なので覚えておいて下さい。

すると、このような画面が表示されます。↓↓

20140827151616

ここでは全て英語ですが、実際に使用する項目は限られているので、全部を覚える必要はありません^^

最初はキーワードを選択しているので、用途によって左上の目次、キーワード、検索、お気に入り、と選択して下さい

 

20140828142713

 

最も使用するトレードファンクジョン機能をテストEAに使ってみましょう

 

次に、先ほどの画面で、目次を選択して下さい。

すると、このような辞書が左側にずらりと表示された画面になります。

20140828143022

この中から、一番使う機能として、トレードファンクションズ(Trade Functions)を説明します。

トレードファンクションズ(Trade Functions)とは、トレードをするのに必要な命令等です。

Trade Functionsを選択して下さい↓↓

20140827152028

 

すると右側の画面に命令が表示されます。

20140828143843

これは余談ですが、これまでのMT4は基本的に処理注文を1個1個ださないといけませんでしたが、ビルド600になってからは、複数同時に命令がだせるようです、、、これは凄い進化で、かなり改善されています。

今回のビルド600のバージョンアップで注文系統等が、がかなりよくなっているようです。

では、余談はこれまでとして

この中から、よく使用するオーダーズトータル(OrdersTotal)をテストEAで実際に使用してみましょう。

20140828144644

 

オーダーズトータル(OrdersTotal)は、未決済・保有中のポジションを調べる部品です。

オーダーズトータル選択すると、下の画像のように命令の細かい内容が表示されます。

どのように使用するかは、これを参考にします。

20140827152531

 

では早速テストEAに「OrdersTotal」を加えてみましょう。

今回はティックが動く時に命令される、4段目void OnTick()に命令をします。それでは

position = OrdersTotal(); とご入力下さい。

20140828145923

入力後、EAをコンパイルして下さい。

そしてテストEAをチャートにセットします。

20140827154134

前回のテストEAでは、コメントはチャートに文字を表示さる命令でしたが、今回はターミナルのエキスパートに命令を表示させます。

20140827154224

テストEAはポジション持っていないので、保有中のポジションが0と表示されています。

試しにテストEAでポジションを保有してみます。

ポジションをロング(買い)で1ロット入れました。

20140827154619

その後、エキスバートを確認してみると

20140827154702

ポジション数が0⇒1になっています。

では次に、ポジションを決済すると

20140827154802

ポジションが1⇒0になりました。

簡単ではありますが以上が

 

それでは最後に「まめ知識」として、、先ほどメタエディタに入力した「OrdersTotal」を選択して下さい。こんな感じです↓↓

20140828152332

そして、F1を押せば↓↓リファレンスで一発OrdersTotalを検索できます。

20140827154957

本日はリファレンスの検索方法をご説明しました。

また次回をお楽しみ下さい。

お読み頂ありがとうございます。

それでは失礼致します。

FXあき

では では

 

■メルマガ登録特典、FX自動売買で勝つ秘訣プレゼント中⇒メルマガ登録はこちらこれが無料なの?と大反響の豪華特典!あなたがFXで稼ぐ為に絶対必要な武器となります。

メルマガ詳細はこちら
メールが届かない場合はこちらをお読みください

» FX自動売買の魔術師FXあきの楽楽実践記録のTOPへ

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Footmail

あわせてに読みたい関連記事

タグ


2014年9月2日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:FX初心者EA製作への道

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング