本気のFX専業トレーダーへの扉「鬼印」はリアル運用で通用するのか?

FXあきのお願い

あなたの、1クリックがブログ継続のエネルギーになります。
1クリックしてお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FXシステムトレード ブログランキングへ

本気のFX専業トレーダーへの扉「鬼印」はリアル運用で通用するのか?

20150604145114

商品名: 爆益激進中! EA鬼
販売ページはこちら>>

こんにちは

FXあきです。

鬼といえば2月3日の豆まきを連想しますが

 20150606165112

私はそれとは別物を連想しました。

それはEA鬼印です。

本日は読者さんより検証依頼のあったFX自動売買ソフト鬼印を検証します。

鬼印のレターページには「本気のFX専業トレーダーへの扉」と気になるワードが並んでいます。↓↓

20150606165539

FXで稼いで、それを生業にしたい人にとっては、ワクワクするワードでしょうね( ノ゚д゚)ノオオォ!!

それでは本日は鬼印を検証致します。

気になるEA、裁量商材がありましたら、お気軽にご質問どうぞ^^

FXあきへの検証依頼はこちら⇒こちら

ダメ商材・クズ商材を包み隠さずお伝えします。^^

それではどうぞ

 

スキャルピング 鬼印のロジックはリアル相場で稼げるのか?

鬼印「ONI」は、物凄い細かい利益をねらったスキャルピングのFX自動売買ソフトです。

こちら鬼印のトレード履歴です。↓↓

 20150606115236

取引の時間帯とS/L・T/Pに注目下さい

取引時間 2014.09.09.19:44:10
決済時間 2014.09.09.19:46:50

時間決済は僅か2分40秒で決済しています。(゚д゚)(。_。)ウンウン

それと次は、購入と決済T/P・S/Lです、

購入価格1.29258
決済価格1.29232

S/L(ストップロス)1.29299: 41PIPS
T/P(テイクプロフィット)1.29137: 121PIPS

決済PIPS 26PPIS

S/L(損切)41PIPS・T/P(利食い)121PIPS設定してありますが、トレード時は内部ロジックで流れに合わせて調整をするようです。このS/L.T/Pの数値はマックスの数値と考えられます。

そして、鬼印は獲得PIPSを最小で1pips~でも設定することも可能の様です・・・(´ε`; )ウーン…スプレッド負けしないのかな?

日本のスキャルピングタイプのEAで鉄板として有名なのがホワイトベアーですね

ホワイトベアーの検証記事はこちら⇒影のFXあきファンドレギュラー、日本最高峰スキャルピングEA”Forex White Bear V3”再検証

ホワイトベアー現在もFXあきファンドで稼動中^^安定したトレードをしています。

スキャルピングにも色々タイプがありますが、取引回数が異常に多い場合は、連敗し始めた時の事を考えるとヒィー((((゚Д゚))))ガタガタゾットしますね

それでは次に鬼印のバックテストを検証します。

 

取引データが足りない 鬼印のロジックバックテスト結果

20150606123357

初期投資:10,000
純利益45,264,531
取引回数:80,852
最大ドローダウン:947,699
勝率:43.02%

スプレッド(2)

まずは鬼印の取引回数:80,852回と半端ない取引回数ですね、年間平均で1500回以上の取引(`・д´・; )ゴクリ

通常スキャルピングはロジックなので勝率は80~90%が多いですが、鬼印の勝率は43.02%と以外に低くい勝率です。

これは先ほどのT/P・S/L利食いと損切りの幅

S/L(ストップロス)1.29299 :41PIPS
T/P(テイクプロフィット)1.29137: 121PIPS

鬼印のリスクリワードのバランスが、この勝率でも利益を積み上げれるような戦略に仕上げています。

鬼印は純利益45,264,531と大き利益を積み上げていますが、最大ドローダウンの数値も947,699 とかなり大きいです。

バックテストとの画像が資産グラフの下側が見えません、予測ですが複利運用を行ってのバックテストだと考えられます。

複利運用の部分をカットしたのかは分りませんが

なぜ??

ロットの変化部分と、もうひとつ取引詳細も提示して欲しいですね^^

 

スプレッドの影響で簡単に右肩下がりのバックテストができあがる

 

鬼印はバックテストのスプレッド2でバックテストが行われています。

通常の実運用のスプレッドに対応できるように、10~20で行います。例としてATUMのバックテストのスプレッド部分に注目下さい。

ATUMスプレッド20でで行われています。↓

20150606125835

ATUMバックテスト結果
20150606125807

 

ATUM検証記事はこちら⇒知らなきゃ損損 安定志向マルチロジックEAが遂に無料配布~

スキャルピングEAの場合スプレッドが大きく成績に影響する場合があります。

次にスプレッド負けしているスキャルピングEAのバックテストグラフをご覧下さい。↓↓

20150607055846

綺麗な右肩下がりの損益グラフ工工工エエェェ(´д`)ェェエエ工工工

鬼印の実際のトレードではどうでしょうか?

次に鬼印のフォワード成績を検証します。

 

鬼印のリアルトレード 履歴の信頼性はあるのか?

次の画像をご覧下さい。

20150606130059

これは鬼印のリアルトレード履歴なのでしょうか??この部分的な取引履歴の画像だけでは、フォワードなのか、バックテストなのかはわかりません><

そこで鬼印最新のトレード利益をみてみようとすると・・・・

20150604151233

???

最新トレード履歴が表示できませんでした。私の動作環境が原因かもしれませんが・・・・画像や動画ではなく鬼印の最新トレード履歴を提示して欲しいですね

できればmyfxbookの第3者機関を使用した成績が信頼できます。myfxbookの使用方法は⇒こちら

FXあきファンドもmyfxbookで成績を集計しています^^myfxbookは成績の集計・分析に大変便利なフリーのソフトですので是非ご活用下さい。

 

鬼印 総評 まとめ

鬼印は取引回数が異常に多いスキャルピンタイプのEAでした。

スキャルタイプのEAはスプレッドを考慮しない前提でバックストを行えば簡単にいい成績がでます。・・・そこに複利運用を加えれば爆益は確実ですね(゚д゚)(。_。)ウンウン

ですが、実際の運用ではスプレッドは、ブローカーによって違いますし、時間帯、相場の環境によって変動します。

朝スキャの歴史なんてそのさいたるものですね、ブローカー側の都合で都合でちょっとした優位性なんて変わってしまいます。

なので

バックテストだけはなくフォワードで実際に成績がでるのかが重要です。

それとは別の問題もあります。

鬼印はブローカーを自由に選ぶ事はできますが

ブローカーによっては短い時間でのスキャルピングは、ストップレベルによってトレードできない可能性もあります。

ストップレベルとは
過大なサーバー負荷を防ぐため、各ブローカーは現在値から近すぎる(逆)指値注文は受け付けない様にしている制限設定の事です。

以上点を総合的に判断して鬼印を不採用とします。

商品名: 鬼印
販売ページはこちら>>

本日もお読み頂ありがとうございます。

それでは失礼致します。

FXあき

では では

 

■メルマガ登録特典、FX自動売買で勝つ秘訣プレゼント中⇒メルマガ登録はこちら これが無料なの?と大反響の豪華特典!あなたがFXで稼ぐ為に絶対必要な武器となります。

メルマガ詳細はこちら
メールが届かない場合はこちらをお読みください

» FX自動売買の魔術師FXあきの楽楽実践記録のTOPへ

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

タグ


2015年6月8日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:◆検証終了 FX商材◆ 鬼印

久しぶりのDLmaraketからのEA検証 code9-1h検証レビュー

FXあきのお願い

あなたの、1クリックがブログ継続のエネルギーになります。
1クリックしてお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FXシステムトレード ブログランキングへ

久しぶりのDLmaraketからのEA検証 code9-1h検証レビュー

20140708165112

商品名: code9-1h
販売ページはこちら>>

こんにちは

FXあきです。

今回は久しぶりにDLmaraketさんから発売されているEAを検証します。

以前はDLmaraketさんのEAを検証したといえば、GOLDEAFXkousuiGoldHunter(ゴールドハンター)がありました。

FXあき読者のからも、「おぉ懐かしい~」「えー知らないよ」という声が聞こえてきそうですw

そんな方の為に、こちらが以前検証した、GOLDEAFXkousuiGoldHunterの記事です⇒資産を9倍にした新型GOLDEAFXkousuiGoldHunter(ゴールドハンター)検証

GoldHunter一時期はFXあきファンドで稼働していたのですが、調子が上がらなかったので、現在は稼働停止しています(ノД`)

今後も通貨のリスク分散も考慮して、FXあきファンドはGOLDEAを探しいるのですが・・・中々これ!!!というGOLDEAに出会えてないです。

それでは話をcode9-1hの検証に話を戻しましょう。

 

code9-1hはフォワード公開されているの成績が、たった○○月、

 

販売ページに公開されているcode9-1hの取引履歴を検証します。

code9-1h取引履歴(USD/JPY )
20140708170824

①USD/JPY
期間:2014年1月6日~3月14日
勝敗:78勝1分0敗
収益:4541.35$
パラメータ:デフォルト

code9-1hフォワードが公開されていますが、2014年1月から3月で止まっています。

現在は2014年7月です。もうでにcode9-1hはフォワード検証をストップされたのでしょうか?(この空白の3ヶ月は・・・・)

できればフォワード成績はMYFXBOOKを使って、ライブ公開して欲しいですね

MYFXBOOKの使い方はこちら⇒myfxbookの 目次(・・。)

この他code9-1hは、GOLDとGBP/JPY フォワード成績が 提示してありますが

②GOLD
期間:2014年1月6日~3月14日
勝敗:27勝0分3敗
収益:10750$
パラメータ:デフォルト
取引履歴:
https://www.dropbox.com/s/rzhrajolrz58bc6/Statement_20140316_GOLD.htm
③GBP/JPY
期間:2014年1月6日~3月14日
勝敗:19勝0分2敗
収益:9898.23$
パラメータ:デフォルト

取引履歴:
https://www.dropbox.com/s/3eyfihal4j240yf/Statement_20140316_GBPJPY.htm

この短期間(3ヶ月)のフォワード成績だけでは、EAの性能は判断できません。もしかしたら、公開されていない期間に大きなドローがあったのでは?っと疑ってしまいます( ゚д゚ )

フォワード成績は最低でも半年以上で、ライブ公開して欲しかったですね

 

十分とはいえないバックテストの検証期間と、その他の問題点とは?

 

まずは、code9-1hのバックテスト結果をご覧下さい。

code9-1hバックテスト結果

20140708170027

 

PFはPF2.66と、収益性が$40099.46と非常に優秀な反面、最大ドローダウンが、$7961.41と非常に大きいです。

これだけ大きな最大ドローダウンは、実運用には向いてないのではと感じます。

それとcode9-1hバックテスト期間が1年間と非常に短いです。バックテストの検証期間は最低でも3年~5年程度は欲しかったですね

さらにcode9-1hのバックテストで気になるのは、こちらの2点です

20140708170256

20140708170324

不整合チャートエラーが多く、バックテストの品質もn/aと質の高いバックテトではありませんでした(ノД`)

バックテストには、そのEAの特性が現れます。

バックテストの数値からそのEAのリスク・リターンと見極めていかないといけません、バックテストの危険を見極め場合はこちらの記事をご覧下さい。

危険なEAの見極め方 稼ぐための知っておきたい6項目とは?バックテスト編⇒こちら

code9-1hの検証レビューをまとめ総評です。

 

code9-1hは、フォワード成績の短さ、バックテスとの質、最大ドローダウンの大きさ等々、長期的に安定して運用するには超えないと行けないハードルがまだまたあるように感じました。

現在モニターとして、限定残り2個価格的には5000円と安いですが、今回はcode9-1hの採用は見送ります

商品名: code9-1h
販売ページはこちら>>

本日もお読み頂ありがとうございます。

それでは失礼致します。

FXあき

では では

 

■メルマガ登録特典、FX自動売買で勝つ秘訣プレゼント中⇒メルマガ登録はこちら これが無料なの?と大反響の豪華特典!あなたがFXで稼ぐ為に絶対必要な武器となります。

メルマガ詳細はこちら
メールが届かない場合はこちらをお読みください

» FX自動売買の魔術師FXあきの楽楽実践記録のTOPへ

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

タグ


2014年7月9日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:code9-1h

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング