高勝率、低ドローダウンのGBPUSDスキャル!Estoc GBPUSD M15検証記事

あなたの、1クリックがブログ継続のエネルギーになります。
1クリックしてお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FXシステムトレード ブログランキングへ

 

高勝率、低ドローダウンのGBPUSDスキャル!Estoc GBPUSD M15検証記事

 20180801101049

商品名:Estoc GBPUSD M15
>>販売ページはこちら

こんにちは

FXあきです。

本日は、Estoc GBPUSD M15を検証します。

現在、FX-ONの総合ランキングで1位になっている注目のFX自動売買ソフトなので、

結構楽しみです!

20180801102113

FXあきに検証して欲しいFX自動売買ソフトがありましたら、

お気軽にご質問下さい⇒こちら

それでは、Estoc GBPUSD M15がどのようなロジックなのかを暴いていきます。

 

Estoc GBPUSD M15の開発者「KML」氏はどんな人か
 

 

KML氏は、10年以上の投資歴があり、FXをEAの自動売買で、株を裁量取引で資産運用しているトレーダーの方のようです。

Estoc GBPUSD M15以外にも多数のシステムをFX-ONに出品中です。

KML氏-FX-ON出品中のEA 20180801102407

全部のパッケージがキャラクターになっているのが特徴です。

KML氏は、アニメーションが好きみたいですね。

合計 16個のEAを出品しています。

ロジックはスキャル・スイング・デイトレード、通貨はGBPJPY・USDJPY・GBPUSD・EURUSDと様々なパターンのシステムを構築されています。

この中で一番好調なシステムがEstoc GBPUSD M15のようです。

1つの好調なシステムだけでは勝ち続ける事はできません、複数のEAでポートフォリオを構成するのが稼ぎ続ける秘訣です。

FXあきのメルマガ登録頂けたらポートフォリオマニュアルを無料プレゼントしています⇒こちら

 

シンプルなトレードスタイルで利益を狙うEstoc GBPUSD M15のロジック

Estoc GBPUSD M15システムの基本情報です。

・通貨ペア・・・GBP/USD
・取引スタイル・・・スキャルピング
・最大ポジション・・・1

ナンピン・マーチンは、一切狙わず、細かい利益を積み上げるスキャルピングスタイルす。

Estoc GBPUSD M15の利食い損切幅は

利食い:TakeProfit_pips=20
損切り: StopLoss_pips=90

と、20:90 → 2:9 → 1:4.5

リスクリワードは1:4.5です。

Estoc GBPUSD M15は、利益を積み上げていくには勝率90%以上が絶対条件となります。勝率を85%程度を維持しないとマイナスになる戦略です。

 

10年間のバックテスト結果で勝率90%以上維持できるのか?

 

Estoc GBPUSD M15バックテスト結果

20180801111237

20180801111304

・期間:(2008.01.01 – 2018.01.01)
・初期証拠金:10,000
・純益:13,347.64
・プロフィットファクタ:1.76
・最大ドローダウン:496.30 (3.90%)
・総取引数:2320
・勝率:2105 (90.73%)

Estoc GBPUSD M15バックテスト結果は10年間長期間のバックテスト結果です。

ここで優秀な数値をたたき出せれば、色々な相場に対応できる第一段階をクリアできます。

先日、検証したAutoRich(オートリッチ)僅か数カ月のテスト結果でした。∑(゚Д゚; )エーそんなシステムは論外です。

AutoRich(オートリッチ)の検証記事はこちら⇒こちら

Estoc GBPUSD M15の取引詳細は、年間232回、月19.3回、約1日1回程度の取引をして、総取引数2320と統計的有意性を満たしています。

Estoc GBPUSD M15はエントリー的に結構攻撃的なEAです。

20180802114556

毎日システムに取引して欲しいと感じている運用者には、向いてるFX自動売買ソフトかもしれません

Estoc GBPUSD M15のバックテストの勝率90.73%と高い数値です。・・・・あと勝率が10%下がるとヤバイんですがね

利益13,347.64PF1.76と収益面の数字も年間平均損益13%と優秀です。

リスク面に関しても、最大ドローダウン496.30と初期投資金の5%以下とかなり低い数値に抑えてあります。

戦略としては鍵になるのは、実際の相場でEstoc GBPUSD M15が対応できるかどうかです。

バックテスト上の勝率を上げる為に、システム構築でフィルターを重ね過ぎると、実践では全く通用しないFX自動売買ソフトに仕上がってしまいます。

そのあたりが証明できているか

次にEstoc GBPUSD M15のフォワード成績を検証します。

バックストを再現するようなフォワード成績は本物か?

 

続いてEstoc GBPUSD M15のフォワード成績を検証します。

Estoc GBPUSD M15フォワード成績20180801113936

・期間:2017/10/25~2018/8/1
・収益:101,796円
・勝率:90.34% (131/145)
・プロフィットファクタ:1.98
・最大ポジション数:1
・最大ドローダウン:15.65% (21,959円)
・初期額:1,000,000円

Estoc GBPUSD M15は9か月のフォワード成績がしっかりと公開してあります。

引回数145回とバックテストより若干取引回数は少ないですが、勝率は90.34%とバックテスト数値とほぼ同じ数値です。

前半利益は伸び悩んでいましたが、ここ最近は好調でトータル利益101,796円9ヵ月で損益10.17%とこちらのバックテストに近い数値で推移しています。

後半は右肩上がりの資産グラフですねホ━━━( ゚д゚)━━━ゥ

Estoc GBPUSD M15まとめ 総評

 

Estoc GBPUSD M15はGBPUSD専用のスキャルピングEAです。

リスクリワード1:4.5と戦略もはっきりしています。

ナンピン・マーチンをしないワンポジションEAなのでリスク管理が行いやすいです。

バックテスト期間10年間と一定の水準を満たしており、9ヵ月のフォワード実績で、実際の相場にも対応できる事を証明しています。

大きな相場の変調がなければ、一定期間の成績は期待できるかもしれません

ただ

タイプ的にはコツコツドカン系のシステムなので、ポートフォリオのメインというより、脇を固めるシステムといった個人的な印象です。

ポートフォリオにGBPUSDのスキャルピングロジックEAを稼働していなければ、Estoc GBPUSD M15を稼働しても面白いと思います。

Estoc GBPUSD M15に、このまま注目して継続して検証していきます。

商品名:Estoc GBPUSD M15
>>販売ページはこちら

本日もお読み頂ありがとうございます。

それでは失礼致します。

FXあき

では では

 

■メルマガ登録特典、FX自動売買で勝つ秘訣プレゼント中⇒メルマガ登録はこちら これが無料なの?と大反響の豪華特典!あなたがFXで稼ぐ為に絶対必要な武器となります。

メルマガ詳細はこちら
メールが届かない場合はこちらをお読みください

» FX自動売買の魔術師FXあきの楽楽実践記録のTOPへ

Related Articles:

    Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

    このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    Footmail

    あわせてに読みたい関連記事

    タグ


    2018年8月2日 | コメントは受け付けていません。|

    カテゴリー:◆◆検証中商材◆◆ Estoc GBPUSD M15

    トラックバック&コメント

    コメントは受け付けていません。

    このページの先頭へ

    アクセスランキング
    FXあき
    FXあき
    アクセスランキング アクセスランキング