MT4Build600にバージョンアップの内容とは、更新は急ぐべきかどうか?

FXあきのお願い

あなたの、1クリックがブログ継続のエネルギーになります。
1クリックしてお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FXシステムトレード ブログランキングへ

MT4Build600にバージョンアップの内容とは、更新は急ぐべきかどうか?

こんにちは

FXあきです。

最近急にバタバタしています。

それはMT4がバージョンアップした影響ですね^^

 

ご自身のヴァージョンアップの方法は

20140206151249

MT4のツールバーの ヘルプ(H)⇒ バージョン情報(A) をクリック

して頂ければ

20140206151533

このBuild○○○がバージョンの情報になります。

この場合は、Build509 なので旧MT4のバージョンだったと言うわけです。

20140206151650

ちなみに最新バージョンはBuild600です。

更に更新してけばBuild601~602~603と数字が大きくなっていきます。

 

バージョンアップで問題になってくるのは

「バージョンアップして、今稼働しているEAがちゃんと動くのか?」

ということです。・・・これはかなり切実です

 

FXあきとしては、EAが正常に稼働しないリスクを避けるために、慌ててバージョンアップしない姿勢です。

前回Build500の時もそうでしたが、短い期間でバージョンアップする可能性もあるので1ヶ月程度は様子見ても大丈夫だと思います。

ある程度、稼働の安定を確認してからバージョンアップする予定です。

 

MT4Build600にバージョンアップすると、内容の変更とは?

 

MT4をBuild600にバージョンアップを完了すると、

こちらの画面が表示されます。

20140206152456

バージョンアップ内容の詳しい説明はMQLフォーラムに記載してあります
http://forum.mql4.com/60555

excite翻訳を活用るれば便利ですよ
http://www.excite.co.jp/world/english/web/

 

内容の説明としては

・これまで使ったファイルは自動的に保存されて、稼働していたEAはそのまま動くようにしてある。

・セキュリティーの問題があったのでEAの保存場所を変更します※既に稼働しているMT4をバージョンアップした場合、EAは自動的に新しいフォルダへ移行するので何もしなくても大丈夫です

 

新しいEAの保管する場所はこちらです。

~MQLフォーラムより抜粋~

C:\Users\User_account_name\AppData\Roaming\MetaQuotes\
Terminal\Instance_id

 

この表示だけでは分かりづらいので

新規でEAをインストールする場合は、こちらをご参考にされてください

MT4を立ち上げて ファイル ⇒ データフォルダを開く(Dをクリックしてください。

20140206164041

 

今度は MQL4 Experts フォルダをクリックして下さい。

20140206164438

20140206164707 

 

するとEAの保管場所に飛びますので、このフォルダの中身にEAをドラッグして下さい。

20140206164845

 

そしてMT4を再起動すれば、EAがMT4に反映されます。

これでEAのセッティング完了です。

 

本日もお読み頂ありがとうございます。

それでは失礼失礼致します。

FXあき

では では

 

■メルマガ登録特典、FX自動売買で勝つ秘訣プレゼント中⇒メルマガ登録はこちら これが無料なの?と大反響の豪華特典!あなたがFXで稼ぐ為に絶対必要な武器となります。

メルマガ詳細はこちら
メールが届かない場合はこちらをお読みください

» FX自動売買の魔術師FXあきの楽楽実践記録のTOPへ

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Footmail

あわせてに読みたい関連記事

タグ


2014年2月6日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:◆MetaTradertについて

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング