6: メタトレーダーにインジケーターをセットする方法

メタトレーダーには様々なインジケーターが、標準搭載されて使う事ができます。

そもそもインジケータとはなにか?

インジケーターとは外国為替・金融取引では主にテクニカル分析に用いるテクニカル指標を指します。今相場がどういう状態なのかを知ることができるものです。

ただ、あくまでインジケーターは後出しジャンケン、後追いの指標ですので、参考程度する位が(補助的役割)に使用するほうがいいと思います。

 

ここで参考に、メタトレーダーにMACDをセットしたいと思います。

 

ナビゲーションウィンドウを表示しましょう。

始めに、メタトレーダーを起動して、ナビゲーターウィンドウを表示します。

表示のやり方は2通りあります。

①赤丸の部分をクリックして表示する方法。

20120840

②表示→ナビゲーターをクリックして表示する方法。

20120841

 

 

ナビケーターを表示すると、ナビケーター中にある「Custom Indicators」をダブルクリックして下さい。

20120842

 

ダブルクリックすると、インジケーターの一覧が表示されます。
インジケーターを反映させてみましょう。

今回は、チャートにMACDを反映させます。

20120843

 

ナビゲーションフィンウィンドウからインジケーターを選択

MACDを選択して、そままチャートへドラッグするか、選択した状態で右クリック→「チャートへ表示」して下さい。

20120844

 

インジケーターの設定ウィンドウが表示されます。

このウィンドウでインジケーターの詳細設定をすることが可能です。

設定が完了したらOKボタンで終了です。

20120845

 

設定完了すると、下図のようにチャートの下にインジケーターが反映されます。

20120846

インジケーターは、一つのチャートに複数反映させることも可能です。自分のスタイルでインジケーターを組み合わせて使ってみましょう。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

Footmail

あわせてに読みたい関連記事

タグ


2012年9月3日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:◆MetaTradertについて

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング