この移動平均線がすごい!~テクニカルな道へ~

移動平均線は一定期間のローソク足の 高値と安値を平均した線です。

ローソク足に次ぐテクニカル分析の代表的存在として、 多くのトレーダーが愛用しています。 移動平均線は大まかなトレンドを判断の材料としてよく使われます。

代表的なものとしては、 5日移動平均線、25日移動平均線、 75日移動平均線、200日移動平均線などがあります。

短期トレンドを判断する際には25日移動平均線が、 長期トレンドを判断する際には200日移動平均線がよく使用されます。 移動平均線の特徴としては、未来のトレンドに遅行する点です。

よく「200日移動平均線が上向いたから上昇トレンドに転換した」 などと言われますが、これは大きな間違いです。 200日移動平均線が上向いた頃には、 既にトレンドは転換した後なのです。

移動平均線はエントリーやロスカットの 目安としてもよく使われます。
例えば、25日移動平均線の上に乗ったら買いエントリー、 200日平均線を割ったらロスカットといった 手法は多くのトレーダーが実行しています。

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

タグ


2012年4月18日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:◆テクニカル分析

ローソク足最強化計画~テクニカルな道へ~

ローソク足は日、週、月初めの始値を基準にして、 終値、高値、安値までを結んで作られます。

上下に髭が付くとローソクのような形になることから ローソク足と呼ばれています。 初心者から上級者まで、誰もが利用する テクニカル分析の代表的存在です。

ローソク足を用いたテクニカル分析は初歩の初歩ですが、 最も信憑性が高い分析方法であると言っていいでしょう。 ローソク足を見ることで、大まかなトレンドの 確認や相場の天井、底、トレンドの転換点などを 予想することができます。

急な上昇、下落の後のナローレンジ、 寄り引き線が相場の転換点に なりやすいというのは代表的な分析方法ですしはらみ線、赤三平、首吊り線など、 ローソク足を利用したテクニカル分析は多々存在します。

ローソク足の正確な起源は不明ですが、 江戸時代の日本人が開発したと言われています。 そのせいもあってか、ローソク足を利用した テクニカル分析は日本が一番多いようです。

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

タグ


2012年4月18日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:◆テクニカル分析

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング