いよいよ全容が明らかに!?King of FX  NO3.NO4

 20120721120823

商材名:King of FX
URL:https://fx-o.jp/infotop/

King of FX前回の記事では 、King of FX全4タイトル中の、King of FXNo1.King of FXNo2弾を検証しました。

King of FXの前回の検証記事はコチラ⇒King of FX 毎月2タイトル?究極のシステムなんて無い

King of FXNo1.King of FXNo2は少し物足りなかったですが!!!本日はKing of FXの残り2タイトルに期待して、King of FXNo3.King of FXNo4を検証したいと思います。

20120723101728 

King of FX「新世代 FX王」No3とは

20120723101950

King of FXNO.3
・通貨ペア EURUESD
・時間足 1H

 

販売ページより抜粋~

【攻撃的、両建てマーチンシステム】
何と言っても、このEAの特徴は”両建て”だということ。

 

とありますが・・・・、今時 両建てのシステムなんでそんなに珍しくもありませんし、両建てには色んなリスクが伴いないます(>_<)むむむ その辺りは大丈夫なのかな? スプレッドは、絶対取られますから^^;

 

 

では気を取り直してKing of FXNO.3の成績をみてましょう。

 

King of FX NO.3のバックテストデータです。

20120723103538

まさにナンピンマーチン系EAの特徴的な成績、グラフが綺麗な右肩あがりです。

King of FXNO.3のバックテストデータから抜粋

Total net profit $66154.10
Profit factor 1.42
Maximal drawdown $48297.91 (66.82%)
Total trades $3277

 

 

King of FXNO.3の販売ページには初期投資額が$2000以上推奨と表示してありますが、Maximal drawdownが$48297.91 (66.82%)、かなり大きな数字です。本当に$2000から運用を初めても大丈夫なのでしょうか? 運用スタートしていきなり破綻(口座空っぽに)なるリスクがあるようですが(T_T)。

これだけ大きな含み損を抱えて運用するのでは、FX初心者方にはかなりの心理的な負担になると思います。

ナンピンマーチン系を全否定する分けではないですが、運用する側からするとKing of FXNO.3がどういった、リスクのあるシステムなのか、どの程度のPIPS幅にまで絶えられるのか、販売ページできちんと説明をしてもらいたいたかったです。

単に資金が$2000推奨ってだけじゃ~中身(リスク)がわかりません。

では次に、King of FXNO.4を見てみましょう。

King of FX「新世代 FX王」No4

20120723104119

King of FXNO.4
・通貨ペア :EURUSD
・時間足:H1

販売ページより抜粋~

【スウィングトレードでのんびりがっちり安定運用】
このEAは、1時間足を使ったシステムですので
エントリー回数は少ないものの
相場環境次第では大きな利益を狙うことが可能です。

 

一度にでっかい利益を得れるスイングトレード、いいですね~好みです(^^;)。ただ販売ページも書いてありますが、スイング系のEAはここぞというポイントで、大きな利幅を狙うため取引回数が少なくなってしまいます。結果として勝って利益がでれば、取引回数が少ないても個人的にはOKですが・・・・。

 

ではKing of FXNO.4の成績を見てみましょう。

20120723105101

 

King of FXNO.4のバックテストデータから抜粋

Total net profit $6966.21
Profit factor 1.42
Maximal drawdown $1427.76 (8.98%)
Total trades $204

 

Total net profitは、 ほぼKing of FXNO.3の成績と変わりませんが、Maximal drawdown 1427.76 (8.98%)がKing of FXNO.3と比べてみると、かなり小さく抑えられてます。

King of FXNO.4で一番気になったのは、ココ近年の成績が横這い傾向が長いということです。(赤線の辺り)テスト期間が約3年間でしたので、その半分の約1年半位は成績が横這い傾向だということです。20120723

これは、King of FX NO.4が、かなり我慢強く付き合っていかないと利益が出ないタイプのEAシステムのようですからどうして直ぐ勝てるという感覚よりも、半年単位で見守っていかなければいけないようです。その割に、トレード回数が少ないので、ロジックに対する検証期間が短すぎます。これでは、この期間のカーブフィッティング?かもという懸念も捨てきれませんね。

 

総評

今回は、King of FXNO3と、King of FXNO4を検証してきました。

King of FXNO.3は、ナンピンマーチン系のシステムで、成績も上々でしたが、Maximal drawdown の数値が大きいく運用にするには不安がありました。それと、King of FXNO.4は、Maximal drawdown の数値は小さく抑えられたのですが、ここ最近の成績が芳しく無く、直近の相場にフィットしてないと感じられました。

トレンドフォローEAですと大和FX、ナンピン系のEAですと、ForexBlade等が現在FXあきファンドで稼働しているEAです。ForexBladeは、ナンピンマーチンですがロット調整で簡単にリスク管理(設定)が可能です。トレンドフォローの大和FXは、ここ最近の相場とも相性が良く順調に成績をだしてます。導入コストを考慮しても、こちら2つのEAが魅力的に感じてしまいます。

King of FXNO.1~4を検証してきましたが、利用するには、不透明な部分なども多く、運用に不安が残りますので、今回はKing of FXの採用を見送りたいと思います。

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

タグ


2012年7月23日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:新世代 FX王 No3、No4

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング