「ナンピンなしマーチンゲールなしで2年で1000ドル口座を14.5倍に増やした」EA Gliese検証 レビュー

FXあきのお願い

あなたの、1クリックがブログ継続のエネルギーになります。
1クリックしてお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FXシステムトレード ブログランキングへ

「ナンピンなしマーチンゲールなしで2年で1000ドル口座を14.5倍に増やした」EA Gliese検証 レビュー

20140801153519

商品名: EA Gliese
販売ページはこちら>>

こんにちは

FXあきです。

本日は「ナンピンなしマーチンゲールなしで2年で1000ドル口座を14.5倍に増やした」超超ド級の売り文句のEAを検証します。

1000ドル口座を14.5倍にしたEAの名前とは、
「EA Gliese(グリーゼ)です。

2年間で14.5倍だったら10万円が145万円、

100万円が1450万円と夢のような話ですね^^

利益だけに目が眩んで足元を疎かにしないように、EAGlises(グリーゼ)をしっかりと検証してきます。

 

EAGlisesはどのようなコンセプトのEAなのか?

 

~EAGlises販売ページより~

グリーゼは、日々の相場変動はもちろんの事急激な相場変動にも対応し、その中でコンスタントに利益を出していく事を目指して開発したEA(自動売買ソフト)です。

ロジックはトレンドフォロー系のロジックに加え、プライスアクションを重視した、相場変動に影響されにくいロジックの2つのロジックを搭載しています。

利食いは約100pipsで行い、損切りも約100pips前後で実施します。

また、1000ドルや3000ドル程度の小額資金からスタートする運用を想定した設計にしております。
ナンピンやマーチンゲールは行わず、長期的に無理なく収益をあげていく事を目的とした安定型EAです。

 

なるほど、EAGlisesは利食い約100pips、損切り約100pips 、リスクリワードは1対1のバランスで設定されているようです。

ストップロスのやたらと深いEAよりは、安全設計のEAだと言えます。

ただバックテストの注文履歴をみると・・・・

EAGlisesバックテスト取引履歴より
20140801160007

S/L(損切り)・T/P(利食い)の数値に数値が入っていません。

内部ロジックで決済すると考えられますが、EAを使用したFX運用では、いつトラブルがあるか分かりません(PCの故障、停電等)

万が一に備えるならば、注文と同時に、最低でもS/L(損切り)の数値は入れて欲しいですね。

 

EAGlises(グリーゼ)のバックテストパフォーマンスを検証します。

 

EAGlises(グリーゼ)バックテストデーター
20140801160451

期間  (2012.07.11 – 2014.07.11)
初期証拠金:$10,000
総損益:$13,517
プロフィットファクター:1.40
最大ドローダウン:$32,21.99
総取引数783
勝率(%) (58.24%)

資産グラフはデコボコと勝ち負けを繰り返しながら利益を積み上げています。・・・個人的にはリスクが限定してありそうなので好みの資産グラフなのですが

だだこのEAGlises(グリーゼ)のバックテストは満足いく検証データーとはいえません。

EAGlises(グリーゼ)のバックテストで3つの問題点を上げます。

1.検証期間が短い

バックテスト期間が 2012.07.11 – 2014.07.11と2年間と非常に短いです。

これでは色々な相場に対応できるか疑問が残ります。バックテストの検証期間は最低でも5年程度は欲しいです。

 

2.最大ドローダウンが大きい

先ほど2年間と検証期間の問題点を上げましたが、この短い期間でも最大ドローダウンが$3,221.99 と非常に大きいです。

通常運用する場合は、最悪を想定して最大ドローダウンの2倍以上のドローを想定しなければなりません。

もしEAGlises(グリーゼ)を$10,000稼動して調子が悪ければ、$6,000の最大ドローの可能性があり、運用資金の半分以上を失うかもしれません。

 

3.取引回数が少ない

EAGlises(グリーゼ)の総取引数は、783回と1000回に以上取引していません。統計的優位性を得る為には、1000回以上の取引は欲しいです。

 

EAGlises(グリーゼ)バックテストのまとめとして、検証期間が5年間以上あれば、1.3の条件は満たすことができるかもしれません。EAGlises(グリーゼ)の販売ページに長期間のバックテストを再度表示して欲しいですね

 

EAGlises(グリーゼ) 検証まとめ総評

 

EAGlises(グリーゼ)の資産を14.5倍にした成績は、あくまで短期間のバックテスト成績でした。

バックテストは、あくまで後だしジャンケンなので参考にしかなりません、

しかも、公開してあるバックテストのデータの検証期間最大ドローダウン、取引回数と改善して欲しい点がありました。

EAGlises(グリーゼ)一番の問題点はフォワード成績が公開していない所です。

このれだけのデーターでは安心して運用できませんのでEAGlises(グリーゼ)の採用を見送ります

商品名: EA Gliese
販売ページはこちら>>

本日もお読み頂ありがとうございます。

それでは失礼致します。

FXあき

では では

 

■メルマガ登録特典、FX自動売買で勝つ秘訣プレゼント中⇒メルマガ登録はこちら これが無料なの?と大反響の豪華特典!あなたがFXで稼ぐ為に絶対必要な武器となります。

メルマガ詳細はこちら
メールが届かない場合はこちらをお読みください

» FX自動売買の魔術師FXあきの楽楽実践記録のTOPへ

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

タグ


2014年8月1日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:EAGlises(グリーゼ)

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング