FireBomb_v4.00 9年のバックテストを安定的にクリア検証レビュー

FXあきのお願い

あなたの、1クリックがブログ継続のエネルギーになります。
1クリックしてお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FXシステムトレード ブログランキングへ

FireBomb_v4.00 9年のバックテストを安定的にクリア検証レビュー

20170314155717

商品名: FireBomb_v4.00
販売ページはこちら>>

こんにちは

FXあきです。

本日は、9年間のバックテストを安定的にクリアしているEA

FireBomb_v4.00 を検証します。

何故!!

FireBomb_v4.00 を検証するかというと、メルマガ読者の方から検証依頼があったからです(゚д゚)(。_。)ウンウン

FXあきに検証をお願いしたいEAがありましたら、お気軽にお問合せ下さい。検証依頼はこちらから⇒こちら

長期間のバックテストの結果なんて意味ないよ!!

なんて言う方もおられます・・・

が!!!

FXあきの見解は少し違います。

 

もちろんフォワード成績が一番重要です。

ただ、バックテストを行う事で

過去の相場で

どんなふうに稼いできたのか?

どんなふうに負けてきたのか?

リスクはどれくらいあるのか?

しっかりと分析・検証する事で、色々と把握できます。

 

数字は嘘つかないですからね、

数字の裏まで読み解きましょう!!

正しいバックテストのやり方は⇒こちら

それでは

FireBomb_v4.00 がどのようなロジックなのか検証します。

 

指標の明けの窓埋めをねらう、特殊ロジックのEA FireBomb_v4.00

 

FireBomb_v4.00はUSDJPY5分を使用し、指標明け月曜日・正月明けなど、大きく窓あけが発生したときの窓埋めを狙う特殊ロジックのEAです。

特殊な環境をねらった手法なので取引回数は少ないですが、優位性のあるロジックではあります。

20170315014535

個人的に稼働している特殊ロジックのEAといえば、ギャップシステムです。⇒ギャップシステム検証記事はこちら

ギャップシステムは長期のフォワード成績があり、全ての通貨限定で稼働できる自由度も非常に高いです。

同じロジックを比較するので少し辛口になるかもしれませんが、比較すると面白いかもしれません

実際に窓埋めの優位性には何度も利益をゲットできているので、ポートフォリオに加えて欲しいロジックではあります。

次にFireBomb_v4.00のバックテストを検証します。

 

9年間の安定したバックテスト結果 FireBomb_v4.00

 

FireBomb_v4.00バックテスト結果

20170302140710

20170302140819

通貨ペアUSDJPY
期間 (2008.01.01 – 2017.01.10)

パラメーターLots=0.6; SABUN=0.2;
TargetProfit=300; LossCut=300;

初期証拠金1,000
純益18,925

プロフィットファクタ1.45
最大ドローダウン3422.61 (49.97%)
総取引数313
勝率(%)195 (62.30%)

9年間のバックテストで利益18925.14 と運用資金を19倍近くにしています。1年平均で200%損益計算です。攻撃面は素晴らしい所があります。

ただ

FireBomb_v4.00の検証期間は十分なのですが、取引回数が313と水準満たせていません、最低1000回の取引回数が欲しいです。

窓埋めという取引回数の少ないロジックなので致し方ないところでもあります。

一番気になるのが最大ドローダウンの数値が最大ドローダウン3422.61 (49.97%) と初期投資額を上回る非常にリスキーなロジックです。

想像してみます・・・1000$運用をスタートして

もしタイミングが悪く、最大ドローダウン級の負けがくると、一発で運用資金が全て溶けてしまいますギャアァァァ━━━━(゚Д゚; )━━━━━━!!!!

相場からの一発からの退場だけは避けないといけません

次はFireBomb_v4.00はフォワード成績を検証します。

 

まだまだ検証期間が必要なFireBomb_v4.00のフォワード成績

 

FireBomb_v4.00成績
20170302142026 

初期投資額10,000
収益315ドル
収益率3.15%
勝率:70.00% (7/10)
プロフィットファクター:1.80

成績はプラス推移をしていますが、まだまだ検証期間が短くこらかの結果待ちの状態です。

ただバックテストの数値からはリスク大きいです。

ロットを下げるてリスクを下げる方法もありますがその場合は収益性も下がります。・・・・ここはジレンマですね

窓埋めロジックのEAは既に実績のあるEAを稼働しているので、今回はFireBomb_v4.00 の採用を見送ります。

商品名: FireBomb_v4.00
販売ページはこちら>>

本日もお読み頂ありがとうございます。

それでは失礼致します。

FXあき

では では

 

■メルマガ登録特典、FX自動売買で勝つ秘訣プレゼント中⇒メルマガ登録はこちら これが無料なの?と大反響の豪華特典!あなたがFXで稼ぐ為に絶対必要な武器となります。

メルマガ詳細はこちら
メールが届かない場合はこちらをお読みください

» FX自動売買の魔術師FXあきの楽楽実践記録のTOPへ

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

タグ


2017年3月15日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:FireBomb_v4.00

追加検証 ブレイクアウトの瞬間を見極めろ!!ヒットアンドアウェイのブレイクスキャルシステム検証

FXあきのお願い

あなたの、1クリックがブログ継続のエネルギーになります。
1クリックしてお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FXシステムトレード ブログランキングへ

追加検証 ブレイクアウトの瞬間を見極めろ!!ヒットアンドアウェイのブレイクスキャルシステム検証

 20170220135743

商品名: ブレイクスキャルシステム
販売ページはこちら>>

こんにちは

FXあきです。

本日はブレイクスキャルシステムを追加検証を行います。

前回のブレイクスキャルシステム検証記事はこちら⇒ブレイクアウトの瞬間を見極めろ!!ヒットアンドアウェイのブレイクスキャルシステム検証

気になったFX自動売買ソフトがありましたら

お気軽にお尋ね下さい^^

FXあきにEAの検証依頼は⇒こちら

もちろん無料ですよ^^主観ではありますがズバババーんとお答えします。

 

前回のブレイクスキャルシステム検証では、最適化・バックテストの期間等で不安があり採用を見送りました。

今回は不安に感じていた点は修正されているようです。

そして!!

現在、FX-ON総合人気ランキング一位利用者数も300人越えと多くの方がブレイクスキャルシステム利用しています。

FX-ON人気ランキング
20170220140016

20170220140117

まずは、改善されたブレイクスキャルシステムのバックテストを検証します。

 

取引期間・回数と改善されていたブレイクスキャルシステムバックテスト結果

 

前回のブレイクスキャルシステムバックテストは、検証期間が2年間と短く取引回数も601回 と統計的な優位性を満たしていませんでした。

このようなバックテスト結果の場合、フォワード運用の成績が右肩下がりになるケースがあります。

ですが、しかし!!

今回はこの点が改善されています。

ブレイクスキャルシステムバックテスト

20170220141120

20170220141135

通貨ペアUSDJPY (USD/JPY)
期間 (2007.01.01 – 2016.12.31)

初期投資:1,000,000
純益:514,330
プロフィットファクタ1.69
最大ドローダウン34,720

総取引数3394
勝率(%)3164 (93.22%)

ブレイクスキャルシステム、バックテスト期間10年間取引回数も1000回以上と統計的な優位性を十分に満たした結果です。

資産グラフも上下デコボコしてながら利益を積み上げています。ただただ右肩上がりの資産グフより信頼できますね。

ブレイクスキャルシステムが様々な相場に対応できる証明でもあります。

利益514,330とさほど大きくはないですが、最大ドローダウン34,720と非常に低リスクです。

これだけ低リスクであれば、利益を求めロットをアップさせての運用も大丈夫だと思います。

最大ドローを10%に設定するのなら、10年間の運用利益も514,330⇒1,512,735と毎年15%の利益を積み上げる計算にもなります。

このあたりは、運用スタイルだと思います。

 

ブレイクスキャルシステム 現在のフォワード成績

 

ブレイクスキャルシステムフォワード成績
20170220141939

口座残高1,116,920円
初期投資額1,000,000円

収益116,920円
収益率(全期間):11.69%
勝率:92.96% (766/824)
最大ドローダウン:10.49% (19,230円)

プロフィットファクター:1.69
最大保有ポジション数:2

2014年11月~2017年2月と約2年間のフォワード成績で収益116,920円損益11.6%順調に利益を積み上げています。

勝率92.96(766/824)とバックテストとほぼ同じ数値で推移しています。

資産グラフから我慢の時期もありますが、ブレイクスキャルシステム、トータルでコツコツと利益を積み上げています。↓↓

20170220145744

フォワード検証の検証期間・利益・最大ドローダウンと数値的も問題はないと思います。

次に

実際ブレイクスキャルシステムを運用している方の声から

実際の運用に有益な情報をチョイスしました。

ブレイクスキャルシステム コメント等まとめ

 

~ブレイクスキャルシステム 質問より~

2017/2/16 7:37

作者様
お世話になります。
現在私が利用しているブローカーがあまりいい成績に
なりません。

差し支えなければ作者様の利用ブローカー
教えていただけますでしょうか。
よろしくお願い致します。

しがないあらさー

2017/02/16 22:03 mymikan様

お世話になります、しがないあらさーです。
スプレッドと滑りの小さい業者であれば比較的いい成績が残せると思いますが、私の実運用といたしましては、OANDA JAPAN(プロ口座)およびAxiory(スタンダード口座)となります。どちらも好調な成績を維持しています。
手数料があると、デフォルト設定ではマイナスになりがちかもしれません。もしそのような業者をお使いであれば、QuoteStopPipsやQuoteValueの値を少し上げても良いかもしれません。
よろしくお願いします。

 

 

~ブレイクスキャルシステム 質問より~

2017/2/15 13:39

トレード歴だけは長いEA初心者です。既出の質問でしたら申し訳ありませんが教えてください。
運用可能会社以外では利用できないのですか?当方FxProを使ってます。

しがないあらさー

2017/02/15 21:39

みらい様
お世話になります、しがないあらさーです。
EAが動作するか、という観点でしたら特に問題はないかと思います。(過去にデモ口座であれば検証もしたと思います)
しかしながら、調べてみましたが、ドル円でスプレッドが通常1.4~1.6Pips程度と言う感じでしたので、推奨業者かというと少し微妙かもしれません。(本EAの運用業者としては、1.5Pips以下の業者を推奨しています)
ご参考になりますでしょうか。
よろしくお願いします。

 

ブレイクスキャルシステムの実際稼働では、質問にもあるように、ブローカーの相性が重要となってきます。

運用する場合は、スプレッドの狭い業者ある事が必要条件ですね

推奨されていないブローカーで稼働する場合は、入念なテスト稼働が必要だと思います。

最後になりますが

ブレイクスキャルシステムは長期のフォワード成績で順調に利益を積み上げています。

前回の検証から不安点は解消されていますので、そのあたりも含めて再度ブレイクスキャルシステムを再検証したいと思います。

商品名: ブレイクスキャルシステム
販売ページはこちら>>

本日もお読み頂ありがとうございます。

それでは失礼致します。

FXあき

では では

 

■メルマガ登録特典、FX自動売買で勝つ秘訣プレゼント中⇒メルマガ登録はこちら これが無料なの?と大反響の豪華特典!あなたがFXで稼ぐ為に絶対必要な武器となります。

メルマガ詳細はこちら
メールが届かない場合はこちらをお読みください

» FX自動売買の魔術師FXあきの楽楽実践記録のTOPへ

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

タグ


2017年2月20日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:ブレイクスキャルシステム

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング