MT4エラーメッセージ uninit reason1~6

FXあきのお願い

あなたの、1クリックがブログ継続のエネルギーになります。
1クリックしてお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FXシステムトレード ブログランキングへ

MT4エラーメッセージ uninit reason1~6

 

こんにちは

FXあきです。

これから、ちょこちょこと

MT4の操作履歴に表示されるエラーメッセージを解説して行きたいと思います。操作履歴はMT4の下画像のような赤丸の部分です。

20140829171431

EAをセットしたのに「全然取引しない」、「本当に動いてるの?」等々疑問をもったら、操作履歴を確認しましょう。

セットする、時間足、通貨、EA設定等が間違っている場合や、その他の情報も操作履歴で教えてくれます。

読者様より質問で「2014.08.29 10:10:56.526    Intelligent_EdgeTrader1.0_M5 EURUSD,M5: uninit reason 5」が表示されたのですが、どのような意味ですか?と質問がありましたので

では、今回は uninit reason を解説します。
このuninit reason は6つの意味合いがあります。


REASON_REMOVE 1
Expert removed from chart.

エキスパートがチャートから削除された時に表示されます。

————————-

REASON_RECOMPILE 2
Expert recompiled.

エキスパートが再コンパイルされた時に表示されます。

———————–

REASON_CHARTCHANGE 3
symbol or timeframe changed on the chart.

チャートのsymbol、時間枠が変更された時に表示されます。

———————–

REASON_CHARTCLOSE 4
Chart closed.

チャートが閉じられた時に表示されます。

———————–

REASON_PARAMETERS 5
Inputs parameters was changed by user.

パラメータ入力がユーザーによって変更された時に表示されます。

———————–

REASON_ACCOUNT 6
Other account activated.

他のアカウントがアクティブになった時に表示されます。

———————–

つまり、メッセージ2014.08.29 10:10:56.526    Intelligent_EdgeTrader1.0_M5 EURUSD,M5: uninit reason 5は

Intelligent_EdgeTrader1.0はユーザーによってパラメーターが変更されましたという意味です。

 

本日もお読み頂ありがとうございます。

それでは失礼致します。

FXあき

では では

 

■メルマガ登録特典、FX自動売買で勝つ秘訣プレゼント中⇒メルマガ登録はこちら これが無料なの?と大反響の豪華特典!あなたがFXで稼ぐ為に絶対必要な武器となります。

メルマガ詳細はこちら
メールが届かない場合はこちらをお読みください

» FX自動売買の魔術師FXあきの楽楽実践記録のTOPへ

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

タグ


2014年1月1日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:MT4エラーメッセージ集

エラー メッセージ 定数 値 説明

FXあきのお願い

あなたの、1クリックがブログ継続のエネルギーになります。
1クリックしてお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FXシステムトレード ブログランキングへ

エラー メッセージ 定数 値 説明

 

こんにちは

FXあきです。

 

定数 値 説明

ERR_NO_ERROR 0 エラーなし

ERR_NO_RESULT 1 エラーは無いが、結果は未知

ERR_COMMON_ERROR 2 共通エラー

ERR_INVALID_TRADE_PARAMETERS 3 無効なトレード変数

ERR_SERVER_BUSY 4 トレードサーバがビジー状態

ERR_OLD_VERSION 5 クライアント端末が古いバージョン

ERR_NO_CONNECTION 6 トレードサーバと接続できない

ERR_NOT_ENOUGH_RIGHTS 7 権限が無い

ERR_TOO_FREQUENT_REQUESTS 8 要求が多すぎる

ERR_MALFUNCTIONAL_TRADE 9 不適合な関数によってトレードがなされた

ERR_ACCOUNT_DISABLED 64 アカウント無効化

ERR_INVALID_ACCOUNT 65 無効なアカウント

ERR_TRADE_TIMEOUT 128 トレード時間切れ

ERR_INVALID_PRICE 129 無効な価格値

ERR_INVALID_STOPS 130 無効なストップ値

ERR_INVALID_TRADE_VOLUME 131 無効なロット数

ERR_MARKET_CLOSED 132 市場が閉じている

ERR_TRADE_DISABLED 133 トレード無効化

ERR_NOT_ENOUGH_MONEY 134 資金不足

ERR_PRICE_CHANGED 135 価格値変更

ERR_OFF_QUOTES 136 相場価格から離れている

ERR_BROKER_BUSY 137 仲介側がビジー状態

ERR_REQUOTE 138 再見積り

ERR_ORDER_LOCKED 139 注文がロックされた

ERR_LONG_POSITIONS_ONLY_ALLOWED 140 買いポジションだけ有効

ERR_TOO_MANY_REQUESTS 141 要求が多すぎる

ERR_TRADE_MODIFY_DENIED 145 市場が閉じている為、変更できない

ERR_TRADE_CONTEXT_BUSY 146 トレード状況がビジー状態

ERR_TRADE_EXPIRATION_DENIED 147 仲介側の契約が終了している

ERR_TRADE_TOO_MANY_ORDERS 148 オーダー数が仲介側の限度を超えている

MQL4の実行エラー

定数 値 説明

ERR_NO_MQLERROR 4000 エラーなし

ERR_WRONG_FUNCTION_POINTER 4001 不正な関数ポインタ

ERR_ARRAY_INDEX_OUT_OF_RANGE 4002 配列のサイズを超えたインデックス

ERR_NO_MEMORY_FOR_CALL_STACK 4003 関数呼び出しのスタックメモリが無い

ERR_RECURSIVE_STACK_OVERFLOW 4004 再帰的スタックオーバーフロー

ERR_NOT_ENOUGH_STACK_FOR_PARAM 4005 変数のためのスタックメモリが十分ではない

ERR_NO_MEMORY_FOR_PARAM_STRING 4006 文字列変数のメモリが無い

ERR_NO_MEMORY_FOR_TEMP_STRING 4007 一時文字列のメモリが無い

ERR_NOT_INITIALIZED_STRING 4008 初期化されていない文字列

ERR_NOT_INITIALIZED_ARRAYSTRING 4009 配列中の初期化されていない文字列

ERR_NO_MEMORY_FOR_ARRAYSTRING 4010 文字列配列用のメモリが無い

ERR_TOO_LONG_STRING 4011 長すぎる文字列

ERR_REMAINDER_FROM_ZERO_DIVIDE 4012 0で割った余り

ERR_ZERO_DIVIDE 4013 0での除算

ERR_UNKNOWN_COMMAND 4014 未知の命令

ERR_WRONG_JUMP 4015 不正な変化 (エラーは生成されていない)

ERR_NOT_INITIALIZED_ARRAY 4016 配列が初期化されていない

ERR_DLL_CALLS_NOT_ALLOWED 4017 DLLの呼び出しが許可されていない

ERR_CANNOT_LOAD_LIBRARY 4018 ライブラリが読み込めない

ERR_CANNOT_CALL_FUNCTION 4019 関数が呼び出せない

ERR_EXTERNAL_CALLS_NOT_ALLOWED 4020 エキスパート関数の呼び出しが許可されていない

ERR_NO_MEMORY_FOR_RETURNED_STR 4021 関数からの返り値である一時文字列用のメモリが不足している

ERR_SYSTEM_BUSY 4022 システムがビジー状態 (エラーは生成されていない)

ERR_INVALID_FUNCTION_PARAMSCNT 4050 関数への引数が無効と見なされた

ERR_INVALID_FUNCTION_PARAMVALUE 4051 関数への引数値が無効

ERR_STRING_FUNCTION_INTERNAL 4052 文字列関数の内部エラー

ERR_SOME_ARRAY_ERROR 4053 エラーのある配列がある

ERR_INCORRECT_SERIESARRAY_USING 4054 正しくない系統配列が使われている

ERR_CUSTOM_INDICATOR_ERROR 4055 カスタムインジケータエラー

ERR_INCOMPATIBLE_ARRAYS 4056 配列の相互性がない

ERR_GLOBAL_VARIABLES_PROCESSING 4057 グローバル変数の処理エラー

ERR_GLOBAL_VARIABLE_NOT_FOUND 4058 グローバル変数が見つからない

ERR_FUNC_NOT_ALLOWED_IN_TESTING 4059 テストモードで使えない関数を使った

ERR_FUNCTION_NOT_CONFIRMED 4060 関数が確認できない

ERR_SEND_MAIL_ERROR 4061 メール送信エラー

ERR_STRING_PARAMETER_EXPECTED 4062 文字列変数を要求している

ERR_INTEGER_PARAMETER_EXPECTED 4063 整数変数を要求している

ERR_DOUBLE_PARAMETER_EXPECTED 4064 浮動小数変数を要求している

ERR_ARRAY_AS_PARAMETER_EXPECTED 4065 配列型変数を要求している

ERR_HISTORY_WILL_UPDATED 4066 更新状態から過去データを要求された

ERR_TRADE_ERROR 4067 トレード関数においてエラーが生じた

ERR_END_OF_FILE 4099 ファイルの終端

ERR_SOME_FILE_ERROR 4100 ファイルエラーがある

ERR_WRONG_FILE_NAME 4101 不正なファイル名

ERR_TOO_MANY_OPENED_FILES 4102 ファイルを開きすぎ

ERR_CANNOT_OPEN_FILE 4103 ファイルが開けない

ERR_INCOMPATIBLE_FILEACCESS 4104 ファイルアクセスに相互性がない

ERR_NO_ORDER_SELECTED 4105 注文が選択されていない

ERR_UNKNOWN_SYMBOL 4106 未知の通貨

ERR_INVALID_PRICE_PARAM 4107 不正な価格値

ERR_INVALID_TICKET 4108 不正なチケット

ERR_TRADE_NOT_ALLOWED 4109 トレードが許可されていない。エキスパートプロパティの"Allow live trading"にチェックを入れることで許可される

ERR_LONGS_NOT_ALLOWED 4110 買い注文が許可されていない。エキスパートプロパティをチェック

ERR_SHORTS_NOT_ALLOWED 4111 売り注文が許可されていない。エキスパートプロパティをチェック

ERR_OBJECT_ALREADY_EXISTS 4200 オブジェクトが既に有る

ERR_UNKNOWN_OBJECT_PROPERTY 4201 未知のオブジェクトプロパティ

ERR_OBJECT_DOES_NOT_EXIST 4202 オブジェクトが存在しない

ERR_UNKNOWN_OBJECT_TYPE 4203 未知のオブジェクト型

ERR_NO_OBJECT_NAME 4204 オブジェクト名がない

ERR_OBJECT_COORDINATES_ERROR 4205 オブジェクトの座標エラー

ERR_NO_SPECIFIED_SUBWINDOW 4206 指定されたウィンドウが無い

ERR_SOME_OBJECT_ERROR 4207 オブジェクト関数内でエラーが起きた

 

本日もお読み頂ありがとうございます。

それでは失礼致します。

FXあき

では では

 

■メルマガ登録特典、FX自動売買で勝つ秘訣プレゼント中⇒メルマガ登録はこちら これが無料なの?と大反響の豪華特典!あなたがFXで稼ぐ為に絶対必要な武器となります。

メルマガ詳細はこちら
メールが届かない場合はこちらをお読みください

» FX自動売買の魔術師FXあきの楽楽実践記録のTOPへ

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

タグ


2013年1月1日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:MT4エラーメッセージ集

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング