フィボナッチ・リトレースメントの使い方、自然界の流れを相場に活かす。裁量手法に有効な活用法とは

FXあきのお願い

あなたの、1クリックがブログ継続のエネルギーになります。
1クリックしてお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村


FXシステムトレード ブログランキングへ

 

こんにちは

FXあきです。

今回は、相場の反転を見抜くフィボナッチの説明をしていきます。

フィボナッチとは⇒フィボナッチ比率の数式からなる手法です

フィボナッチは、12世紀~13世紀の中世時代に有名だったイタリアの数学者レオナルド=フィボナッチから由来されてます。

20180330102708

 

フィボナッチ数列は以下のようなものです。

この数列には特徴があり、ある数字と次に続く数字を見てみると、意外な関係性になるのです。

1 1 2 3 5 8 13 21 34 55 89 144 233 ……

どういう数字の並びかと言うと、ホ━━━( ゚д゚)━━━ゥ

①直前の2つの項の和が次の項の値なっている。

下の計算を見てください。

1+1=2

1+2=3

2+3=5

3+5=8 ……、

といった感じです。

この数列、実はこんな関係性なのです。

 

②限りなく次のような数字になる。

・その数字を1つあとの数字で割ると、0.618になる。

・その数字を2つあとの数字で割ると、0.382になる。

・その数字を3つあとの数字で割ると、0.236になる。

 

下の計算をご覧ください^^

144 ÷ 233 = 0.618

8 ÷ 21 = 0.382

55 ÷ 233 =0.236

これは、どの数字を取っても同じようになります。

 

0.236、0.382、0.618という倍率、「フィボナッチ比率」もしくは「黄金比率」といいます。

この比率が重要です。!!

ココ!!!

フィボナッチ比率は自然界・投資の世界にも当てはめることが出来きます。

また、木の枝分かれ・ひまわりの種の配列など、自然界のいたる所にも見られます。

例えれば、ピラミッドやモナリザなど、多くの歴史的建造物・芸術作品、理由として、人間が心理的に「心地が良い」とされる数字で成り立っているからです。

20180330110705

為替の値動きは、世界中の投資家の思惑が入り混じっています。

集団心理を織り込んだチャートを、自然界と芸術作品と考え、フィボナッチ比率を投資の中に応用するのです。

「心理的」もしくは「テクニカル的」に支持帯や抵抗帯になっているだけで、決して、フィボナッチ比率の見えない力が働いているわけではありません

しかし、押し目や戻りポイントを図る、ポジションを持つ、手仕舞いするなど、トレードで利益を上げるための売買根拠を求めているのは、人間なのです。

そこに、フィボナッチ比率が働くのは、自然なことであるといえます。

20180330111109

トレーダーが売買注文が急増をして、注目するポイントは同じような心理状態になります。その際にフィボナッチ比率がとても有効なのです。

注目ポイントは、「トレンドが発生したタイミング」です。

この中でも、特におススメで絶対に覚えておきたいのが、「フィボナッチ・リトレースメント」です

フィボナッチ比率は様々な使い方があり、一つのテクニカルツールしか無いわけではありません。

・フィボナッチ・チャネル

・フィボナッチ・ファン

・フィボナッチ・アーク

・フィボナッチ・タイムゾーン

・フィボナッチ・エクスパンション

・フィボナッチ・リトレースメント

・フィボナッチ・グリッド

 

このようにたくさんのテクニカルがありますが、最も投資家に利用されている代表的な「フィボナッチ・リトレースメント」を紹介します。

フィボナッチリトレースメントの基本的な使い方ですが

  • 押し目を見る時は「安値から高値」
  • 戻りを見る時は「高値から安値」

これがフィボナッチ・リトレースメントを表示したチャート

  20180330142427

こんな感じです。(゚д゚)(。_。)ウンウン

 

20180330142855

 

【0% 23.6% 38.2% 50% 61.8% 100%】の順番になります。

・23.6%⇒強いトレンド

・38.2% 50% 61.8%⇒基本的に38.2%~61.8%の領域で押し目を付けるケースが多い

・61.8%を明確に下回ってきた場合は上昇トレンドが終わる可能性を示唆している。

 

最も重要なのが23.6を割ったら38.2までは高確率で行き、38.2を割れば高確率で50%に行くということです。フィボナッチ・リトレースメントするならこれは知っておきましょう~!!( ゚Д゚)

ローソク足が髭で終わり反発などのパターンもありますが、比率ラインを割れば高い確率で次のポイントまで行きます。

なのでラ インを覚えておき、23.6%抜けたから次にラインまではくる、と思っておけば無駄なエントリーが減ります。

ショート目線の方は利食いのポイントにしたりロング目線の方は買いのエントリーとして使えるのがフィボナッチリトレースメントです。

 

20180405152939

 

為替のテクニカル分析でインジゲーターなど分析ツールは山のようにありますが、フィボナッチは誰でも使えて難しい設定もいらずに使える優秀なツールです。

これがシステム化できれば最高なのですがね~このようにフィボナッチ・リトレースメントで予測を立てながらトレードを行うのです。

本日もお読み頂ありがとうございます。

それでは失礼致します。

FXあき

では では

 

■メルマガ登録特典、FX自動売買で勝つ秘訣プレゼント中⇒メルマガ登録はこちら これが無料なの?と大反響の豪華特典!あなたがFXで稼ぐ為に絶対必要な武器となります。

メルマガ詳細はこちら
メールが届かない場合はこちらをお読みください

» FX自動売買の魔術師FXあきの楽楽実践記録のTOPへ

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

タグ


2018年4月5日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:フィボナッチ・リトレースメント

このページの先頭へ

アクセスランキング
FXあき
FXあき
アクセスランキング アクセスランキング